« 山崎ナオコーラ「男と点と線」 | トップページ | 年チケ届いたよ »

2009.02.16

山崎ナオコーラ「スカートのすそをふんで歩く女」

文学界 2009年 03月号 [雑誌]文学界 2009年 03月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文學界』3月号収録。今月の文芸誌業界はもしかしたら空振りに終わった芥川賞受賞を想定してのナオコーラ強化月間だったのかな?(^^;

大学卒業間近の女性が主人公。同じサークルでつるんで4年間を過ごしてきた同期の男性3人と一緒に4人が卒業旅行でパリに行き、観光や町の風景など見たこととそれらに対して彼女が感じたことが描写されている。男女の間でも(女同士のようなものではなく)男と男のものに似たようなタイプの友情関係を成立させることが出来るのかということがなんとなくメインテーマのようなものだったみたいだけど、著者が男同士の友情を過大に美化しすぎていたような印象を受けなかったわけでもない。

男女間の友情ということでは『新潮』3月号収録の「男と点と線」と若干の共通点があるかも。

|

« 山崎ナオコーラ「男と点と線」 | トップページ | 年チケ届いたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/44086954

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎ナオコーラ「スカートのすそをふんで歩く女」:

« 山崎ナオコーラ「男と点と線」 | トップページ | 年チケ届いたよ »