« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.31

[キリンカップ]日本−ベルギー

キリンカップサッカー2009 〜ALL FOR 2010!〜
2009年5月31日 19時24分 国立競技場 観衆42,520人

日本代表 4−0 ベルギー代表

<得点>
前半21分 1-0 [JAPAN]15-長友佑都
前半23分 2-0 [JAPAN]14-中村憲剛
後半15分 3-0 [JAPAN]9-岡崎慎司
後半32分 4-0 [JAPAN]12-矢野貴章

涼風真世@君が代斉唱

試合前の日本国国歌斉唱が涼風真世だった。旦那は早稲田でラグビーやってた今泉清。

    《日本》        《ベルギー》
    大久保           13
 岡崎 中村憲 中村俊     5  10 15
   遠藤 長谷部        3  7
長友 闘莉王 中澤 内田  17  4  14  6
     楢崎            1

キリンカップ・日本−ベルギー

ベルギーのサッカーは採用しているシステムがちょっとオールドファッション気味だったのか、ある意味几帳面なまでに4人が並んで形成したDFラインに対して日本が2列目・3列目から前線に追い越して行くとパニックを起こしてしまうようで、今ひとつ機能しているようには見えなかった。というかもっと前線・中盤からプレッシャーをかけて行かないと最終ラインはつらいんじゃないかなと思うわけで。そういったことを差し引いても日本代表のアタックはここ数年ないくらい好調なようで、なんか今この時点でここまでのパフォーマンスが見れちゃうのはもったいないような気さえした。なんか不覚ながらも(^^;面白かったよ。

天気予報はあまり良くなかったんだけど、屋根の下からは(5人分くらい?)微妙にハミ出ている席でどうなるかと思ったけど、試合中は降らなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[関東女子リーグ]早稲田大学−日テレ・メニーナ

第15回 関東女子サッカーリーグ
2009年5月31日 13時 早大東伏見サッカー場 ※40分ハーフ

早稲田大学ア式蹴球部 4−1 日テレ・メニーナ

<得点>
前半15分 0-1 [メニーナ]9-田中美南
前半32分 1-1 [早大]19-大滝麻未
後半6分 2-1 [早大]10-小野瞳
後半9分 3-1 [早大]3-島田知佳
後半14分 4-1 [早大]11-原一歩

早大ア女円陣

メニーナ円陣

   《早大ア女》        《メニーナ》
   有町 大滝         田中 籾木
 小野     杉山     高橋     中里
   高畑 小山         吉林 木下
臼井 水野 島田 大脇   小須田 小林 村松 土光
     鈴木            根本

<交代>
小野→原(後半13分)     籾木→嶋田(後半12分)
杉山→今井(後半21分)

メニーナ円陣@後半開始時
後半開始時

小野瞳ゴール

早大ア女−メニーナ

開始15分に縦パスに抜け出した田中が早稲田DFを振り切って、GK鈴木(メニーナ出身)との一対一を決めてメニーナが先制。32分には右に流れた有町からのクロスをゴール前の大滝が決めた早稲田が同点に追いつく。前半を見る限りでは早稲田の守備がメニーナのテクニックとスピードに手を焼きそうな気配がプンプンではあったんだけど、前半途中から降り始めていた雨がハーフタイムも降り続いて後半はピッチが田んぼ状態でボールが転がらなくなって、どこまで陣地をゲインするかが得点に結びつくような、なんかラグビーに近いタクティクスのゲームになっちゃった。

ピッチ状態に対応するための頭の切り換えが早かったのは早稲田の方だったようで、いろいろと試行錯誤をしながらプレーをしているのがよくわかった。特に有町が良かったよ。後半6分に小野が左サイドからミドルを突き刺して勝ち越して、後半9分には右サイドからのFKで杉山が真上にリフトしたボールを小山がボレーでゴール前に送って(これにはビックリした)、これをゴール前の島田(メニーナ出身)が押し込んでものの見事に決まっちゃった。早稲田は一昨年の台風の市原スポレクで水たまりの中でのPK戦を失敗した苦い経験が見事に生きていたようだ。

途中雷が鳴り始めて後半13分から25分間くらい中断、再開直後にメニーナのゴール前でのクリアを投入された直後の原が突進して奪ってそのままゴール。なんとなく原の野獣っぽさが発揮されるような気象状況と雰囲気だったと思うし、あの交代はキャラが存分に考慮された見事な采配だったと思う。(^^; ア女にとってはこの春に都大会で様々なピッチコンディションでプレーをしたことの総決算みたいな試合だったかね。

一方、水たまりでボールが転がらなくなって生命線であるはずのグラウンダーでのパスワークを封じられちゃったメニーナは手足縛られちゃったような状態で身動きが取れなくなってしまっていて、そのあたりが課題ではあるかな。まあそれとは別に次回はやっぱりちゃんとしたピッチコンディションでの試合が見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.30

日本ハム−阪神

阪神   000010010=2
日本ハム 22011002X=8

阪神:●福原、江草、渡辺、筒井
日本ハム:○ダルビッシュ、宮西、建山

本塁打:糸井4号(日)

GAORAの中継で2回途中から見ていた。

ダルビッシュが先発の試合で2回までに4点も取れちゃったらよっぽどの間違いがない限りハムの勝利なわけで、まあそういうことです。(^^; 5回表の失点こそ田中賢介のエラーだったけど、6回表のライト稲葉、8回表のサード小谷野と要所々々で見せた好守備がチームをもり立てた。

ダルビッシュは7回まででおつかれさまで、宮西、建山のリレーは特に8回表はちょっと危なっかしく感じたけど、結局得点差を後ろ盾に武田久も温存しつつの盤石の勝利だったみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ナビスコ]横浜F・マリノス−大分トリニータ

Jリーグヤマザキナビスコカップ2009 第4節
2009年5月30日 15時 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆8,025人

横浜F・マリノス 3−3 大分トリニータ

29分 1-0 [横浜]10-山瀬功治
54分 2-0 [横浜]10-山瀬功治(PK)
59分 2-1 [大分]27-小手川宏基
81分 2-2 [大分]19-前田俊介
84分 2-3 [大分]19-前田俊介
89分 3-3 [横浜]3-松田直樹

[ナビスコ]横浜F・マリノス−大分トリニータ

     《横浜》           《大分》
  坂田  渡邉 山瀬功         高橋
   兵藤   狩野        金崎 家長 清武
      小椋            宮沢 小手川
小宮山 松田 栗原 田中裕   坪内 上本 藤田 梅田
      榎本             西川

[ナビスコ]横浜F・マリノス−大分トリニータ

前半29分に狩野からのヒールパスを受けた山瀬がゴール左から決めて先制。後半9分には千真のポストプレーから前線に出たボールの行き先になぜか松田がいて、その松田からのパスを受けた山瀬がペナルティエリア内で倒されてPK。これを山瀬本人が決めてマリノスは2点を先取したものの、その後後半14分からの25分間でのよもやの3連続失点でものの見事にひっくり返された。大分は途中出場の前田が2得点で選手交代が当たったようだ。マリノスはシーズン開幕当初の後半突然守備崩壊大量失点症候群が再発したようで、守備の崩壊はシステム云々の問題ではない模様。後半ロスタイム2分に松田が執念みたいな同点弾を決めてのなんとかドローに持ち込んだ。

トリニータはリーグ戦では全然勝てていないけど、カップ戦だと勝ち点を稼ぎそうな予感がなんとなくしてたので、引き分けという結果はある意味予想通りではあるんだけど、3−3というスコアがちょっと予想外だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[関東大学サッカー]早稲田大学−東海大学

JR東日本カップ2009 [第83回]関東大学サッカーリーグ 前期
2009年5月30日 11時30分 保土ヶ谷公園サッカー場

早稲田大学 2−0 東海大学

<得点>
16分 1-0 [早大]34-胡桃澤祐也
44分 2-0 [早大]33-富山貴光

早稲田大学−東海大学@保土ヶ谷

    《早大》         《東海大》
    富山 反町          早嵜
 胡桃澤     松本     岡山 坂本  森
    奥井 山中         出田 池田
中川裕 服部 小川 野田   松下 藤野  黄  永田
     菅野           小笠原

相鉄の星川駅からぼーっと歩いてたらなぜか道に迷った。去年もメニーナを引率しながら道を間違えたのに学習効果が無いな…というか2週間前にもこの会場行ってるんだけどな。(^^; なんとかリカバリーして出場メンバーのアナウンス中に到着。後ろになぜか早野宏史氏が立っていた。サッカー好きなのかな?(^^;

立ち上がりの早稲田は今イチっぽかったんだけど、16分に奥井のパスを受けた胡桃澤が決めて先制。前半終了間際には二段ロケット風カウンターから最後は富山が決めた追加点が試合の流れ的には大きかったような。

後半は早稲田がペースをつかんで富山、反町、胡桃澤といったあたりが決定機をつかむもののなかなか追加点を決めることが出来ず。特に反町には決めてほしかったな。それでも東海大にもゴールを決めそうな気配らしきものはなくて、そのままのスコアで終わっちゃった。

早稲田としてみれば早いところ突き放してもっと楽な試合展開に持ち込みたかったんだろうけど、まあよしということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.29

[キリンカップ]チリ−ベルギー

キリンカップサッカー2009 〜ALL FOR 2010!〜
2009年5月29日 19時 フクダ電子アリーナ 観衆6,050人

チリ代表 1−1 ベルギー代表

<得点>
16分 0-1 [BELGIUM]13-Kevin Roelandts
23分 1-1 [CHILE]17-Gary Medel

[キリンカップ]チリ代表−ベルギー代表@フクアリ

   《チリ》        《ベルギー》
    11           13
 14 10  5      5  10 15
   8  16         3  7
6  13 18 17   2  7  14  6
     1            1

[キリンカップ]チリ−ベルギー@フクアリ

フクアリのスコアボード

フクアリはスタジアムの大きさに比較してスコアボードが小さいのかしらん?オペラグラスを使わないと表示されたメンバー表の字が小さすぎて読めなかったよ。それとも単に英字表記だったからなのかな?

[キリンカップ]チリ−ベルギー@フクアリ

前半16分にベルギーがロングボールを15番ムヤンジが相手DFと競りながらヘッドで落としたところをトップのケビン・ローランツが抜け出してGKとの一対一を決めてベルギーが先制。23分にはチリの11番パレデスの緩急あるランニング&パスからサイドバックのメデルのフィニッシュでチリが同点に追い付く。なんとなく両チームとも持ち味を活かしてのゴールということだったのかな。全体的なリズムはチリっぽかったような気がしたけど、ベルギーもそこそこチャンスは作りつつもそれ以上はスコアは動かずという試合だった。

両チームとも同じ4バックながらもビシッと最終ラインを形成して守るベルギーときっちりマンツーマンのチリとの守備の趣きの違いがなかなか乙なものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.28

[J2]東京ヴェルディ−ザスパ草津

2009年5月28日 19時 国立競技場 観衆2,546人

東京ヴェルディ 0−3 ザスパ草津

<得点>
10分 0-1 [草津]27-都倉賢
27分 0-2 [草津]9-高田保則
88分 0-3 [草津]19-後藤涼

[J2]東京ヴェルディ−ザスパ草津

    《東京V》         《草津》
    林  大黒        高田 都倉
  滝澤   レアンドロ   熊林     廣山
    河村 柴崎        櫻田 松下
那須川 高橋 土屋 藤田  寺田 田中 藤井  崔
     土肥            北

東京V−草津

神宮球場でヤボ用済ませた後に国立の青山門から入ろうかと思ったら開いてなかったよ。(^^; 千駄ヶ谷門までまわって入場。コンコースを散歩してみたらバックスタンド側のヴェルディーノで元ベレーザの四方さんが店員をやっていた。後になって思ったんだけどあいさつだけではなくて何か買うべきだったかな。(^^;

今日は予報でかなり気合いの入った雨になるだろうということだったので屋根のついているメインSA席を買っておいて正解だったか。激しい雨にもかかわらず濡れずに快適に観戦出来た。ちなみにSA席は本当は座席指定席なんだけど暗黙のブロック指定状態(^^;になっていたようで屋根の届かない前段には誰一人として座っていなかった。観衆はパッと見て1969人くらいかと思ったら2546人とのこと。

ザスパはかつてマリノスに在籍したこともあった熊林親吾がキャプテンだった。廣山望、高田保則などなどザスパは全体的にもそれなりに実用的なメンバーがそろっていたような気がしないでもない。ひょっとして早稲田大学から加入したGK伊藤拓真が出場…なんてことも考えたけどひょっとはしなかった。(苦笑) ベンチ外でそれ以前の問題。

開始10分に左SBの寺田が入れた鋭いクロスを櫻田がヘッドで落としたボールを都倉が決めてザスパがあっさり先制。前半27分には右からの崩し。廣山からペナルティアークでフリーだった高田にパスが出て、狙いをすませたシュートが決まった。後半もそのまま0−2で推移して、試合終盤には左CKからファーに流れたボールを後藤が押し込んでありがちな感じのダメ押しゴール。

ヴェルディのサッカーからは見るべきポイントらしきものを見つけることが出来なくて、なんか愕然な感じだった。決してザスパの出来が特別良かったというわけではないと思うんだけど、気がつけばずいぶんと差がついていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.05.27

[キリンカップ]日本−チリ

日本代表 4-0(2-0,2-0) チリ代表

<得点>
前半20分 [日本]9-岡崎慎司
前半24分 [日本]9-岡崎慎司
後半7分 [日本]2-阿部勇樹
後半44分 [日本]19-本田圭佑

     玉田
 岡崎 中村憲 本田
   遠藤 長谷部
今野 阿部 中澤 駒野
     楢崎

<交代>
玉田→山田
遠藤→橋本
岡崎→矢野
長谷部→山口
中村憲→香川

長居での試合。晩飯食いながらTBSテレビで見ていた。

チリは少なくとも立ち上がりのあたりでは攻守で南米中堅レベルの実力の片鱗みたいなものは見せてくれたような気はするんだけどなあ、なにぶん今日は球際というか決定的な局面に弱かったような印象だった。

日本は20分に本田のミドルをGKが弾いたところを岡崎が詰めて先制。その後には中盤の右タッチライン際のポジションまで攻め上がっていた中澤からのラストパスを受けた岡崎が再び決めて2点目。後半も早い時間にCKから阿部ヘッドで追加点。後半19分にGK楢崎のパントキックからゴール前に抜け出た中村憲剛が外しちゃった場面はいかがなものかとは思ったが、点差の後ろ盾もあってか日本がイニシアチブを握るような形で進行。ロスタイムに矢野→山田→本田と右につないで行って4点目のダメ押し点。

なんか思った以上に点差開いちゃったみたいな感じで、試合結果の評価とその位置づけが難しい試合になってしまったような気がしないでもないわけで、0−0の緊迫したスコアで推移する時間帯がもっと長く続いてくれていた方がよかったんじゃないかなって気もするけど。

とりあえずは日本代表チームとしては内容・結果ともに上々だったのかなという印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.26

阪神−ロッテ

ロッテ 010000011=3
阪神  002000000=2

ロッテ:小野、成瀬、○シコースキー、S荻野
阪神:阿部、江草、アッチソン、ウィリアムス、●藤川

BS1で途中まで見ていて、葛城のタイムリーで阪神が勝ち越してたんだけど、途中から内藤大助vs熊朝忠のボクシング中継(熊の顔が日ハムの武田久に似ている)を見ている間にウィリアムスと藤川が打たれて負けたみたいだ。タイガースはかつての必勝パターンが今年は必勝パターンでなくなっている〜。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汐留・日テレ屋

日テレ・ベレーザチャーミン

日テレ・ベレーザズーミン&チャーミン

日テレ・ベレーザズーミン&チャーミン

「日テレ・ベレーザズーミン&チャーミンをお買い上げのお客様にベレーザ選手直筆サイン入り集合写真プレゼント!!」とのことだそうで、もしかすると昨年暮れからずっと絶賛プレゼント中だったりする?(苦笑) ちなみにベレーザズーミンは在庫切れみたいで(ホームゲームの時にスタンドに投げちまったか?(^^;)、ベレーザチャーミンのみの販売だったみたい。

ベレーザリングノート/林家木久蔵ラーメン

マスコットはもう持っているので、林家木久蔵ラーメン(商品名は「木久扇ラーメン」にはならないのね)とベレーザリングノートを買った。

ベレーザ選手サイン入りユニ

レジの横の柱にベレーザのサイン入りユニ(2006年12月の時のものと思われる)とサイン色紙がディスプレイされていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREM]LIVERPOOL v TOTTENHAM

LIVERPOOL 3-1(1-0,2-1) TOTTENHAM HOTSPUR

<得点>
31分 1-0 [LIVERPOOL]9-TORRES
64分 2-0 OWN GOAL
77分 2-1 [TOTTENHAM]15-KEANE
81分 3-1 [LIVERPOOL]15-BENAYOUN

          トーレス
   ベナユン  ジェラード  カイト
      アロンソ マスチェラーノ
アウレリオ アッガー シュクルテル キャラガー
          レイナ

JスポーツPLUSの録画中継を録画しておいたのを見た。

基本的にリバプールペースの展開だったと思う。先制点はスパーズのクリアミスを拾ったジェラードが右サイドに展開、カイトからのクロスをフェルナンド・トーレスがヘッドでフィニッシュ。今日のトーレス王子はちょっと消え気味っぽかったけど、やるときゃやるぜみたいなゴールだったか。

後半19分の得点はシャビ・アロンソからのパスを受けたカイトがベナユンとのワンツーでフィニッシュ…かと思ったら記録はハットンのオウンゴールってことみたい。カイトでいいんじゃないかと思うけど。

後半32分にかなりオフサイドっぽく(ってありゃオフサイドなんじゃねえか?(^^;)ゴール前に飛び出たロビー・キーンに1点を返されたものの、後半36分にアロンソ→ジェラード→ベナユンとつないでこれがダメ押しゴール。リバプールの圧勝だったか。

この試合、ルバプールにとってはジェラードの得点王レース(そういう時に限ってシュートが枠に飛ばない(苦笑))とかGKレイナの完封試合数(キーンにやられた)とかいろいろとポイントはあったみたいなんだけど、最大の注目はサミー・ヒーピアのリバプールでの最後の試合ということだったようで、後半79分にジェラードとの交代で出場、キャプテンマークを着けてのプレーするという粋な計らいだった。

これでリバプールは今シーズンの試合日程を終了。結局ひとつも優勝は出来なかったけど(特にプレミアシップはたった2敗だけだったのにね)、十分満足の行くシーズンではあったと思う。一時期良くない時期なんてのもあるにはあったけど、シーズンを通して(少なくともマリノスよりは)質の高いサッカーを見ることが出来たし(結局40試合以上見ちゃった)、来シーズンに期待をつなげることが出来るいい終わり方だったんじゃないかな。

リバプールFC 08/09 TV観戦記リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.25

中日−日本ハム

日本ハム 002000002=4
中日   01001170X=10

日本ハム:●糸数、建山、江尻、宮本
中日:○朝倉、高橋、小林正、平井、山内

本塁打:藤井7号(中)

夕飯食いながらJスポーツ2の中継で見ていた。

糸数って知らない選手だ。(^^; イースタンでは実績あるらしい。途中までは1点を争ういい試合だったのだが、7回裏に日ハムのエラーにアンラッキーが重なって試合が壊れた。7回裏は日ハムの生命線であるはずの守備にミスが続出して緊張感が切れちゃったっぽい。9回表の村田の3塁打による2得点が今後に続くものになるといいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.05.24

THE GREAT ESCAPE

千代大海が勝ち越しでめでたい
まじ絶体絶命だったんだけど見事蘇ったね。

千代大海、3連勝でカド番脱出!/夏場所(サンスポ)

大海奇跡的3連勝でかど番脱出/夏場所(日刊スポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日−日本ハム

日本ハム 000000000=0
中日   00010000X=1

日本ハム:●武田勝、江尻、菊地
中日:○川井、河原、S岩瀬

本塁打:ブランコ12号(中)

Jスポーツ2の中継でチラチラ見ていた。

5回表の田中賢介のレフトフライの時の鶴岡本塁憤死が全てだったかな。しかしまあなんであんな大切な場面に限って3塁走者が鶴岡なんだろうみたいな。(苦笑)

その後もあと一本が出なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[J1]大宮アルディージャ−浦和レッズ

2009年5月24日 16時 埼玉スタジアム2002 観衆37,027

大宮アルディージャ 1−1 浦和レッドダイヤモンズ

<得点>
8分 1-0 [大宮]14-パク ウォンジェ
35分 1-1 [浦和]3-細貝萌

さいたまダービー@埼スタ

さいたまダービー@埼玉スタジアム2○○2

    《大宮》          《浦和》
   藤田 石原       エジミウソン 高原
 デニス    藤本     原口   エスクデロ
   金澤 橋本         細貝 鈴木
パク マト 片岡 波戸   三都主 阿部 坪井 山田
     江角            都築

いわゆるさいたまダービー。遅れて着いたらゲートのところで配りモノをしていた係員の方が「1−0で勝ってますよ」とのことでガッツポーズを作りながら前半22分にピッチの見えるところにたどりついた。そういうわけなので大宮の得点は見ていない。(苦笑) 浦和はスタメンに闘莉王が入っていたみたいだけど、足を傷めて20分に三都主と代わったみたいで、上の布陣は私の到着後のものです。

大宮の失点の場面はゴール前でのマトのクリアボールが細貝に渡ってこれを決められたもの。大宮はCKでマトのヘッドがクロスバーを叩いた直後の失点ということで、あの2点目が決まってさえいればな〜という感じではあるけどまあいたしかたない。

後半に入ってからも大宮はボールを奪ってからの速攻を主体にゴール前での決定機を再三作っていたものの決め切れず、内容を振り返ってみると大宮にとっては勝てた試合っぽかったのかな? そういう試合で勝ち切れなかったことは大宮にとっては残念な結果だったけど、気持ちのこもったいい試合だったと思うし、見てて楽しい試合だったし、そしてきっと今後につながるような内容の試合だったと思うのでまあ良しとしよう。

今日はバックアッパースタンドも開けていたみたいで、観客はぱっと見た目で1万人くらいが大宮サポで残りの2万7千人が浦和サポみたいな感じだったか。まあ希少価値という価値観もありますんでね。(^^; ちなみに今回は運営がきっちりホーム/アウェイを区別していたのか、赤いユニフォームを着た人が堂々とホーム側の席に座っているなんてことは無かったみたいで、そういったところは評価出来るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[関東女子リーグ]東京女子体育大学−日テレ・メニーナ

第15回 関東女子サッカーリーグ
2009年5月24日 13時 ヴェルディグラウンド(ジュベニール)
※40分ハーフ

東京女子体育大学 0−4 日テレ・メニーナ

<得点>
前半8分 0-1 [メニーナ]14-中里優
後半12分 0-2 [メニーナ]9-田中美南
後半21分 0-3 [メニーナ]11-高橋彩織
後半29分 0-4 [メニーナ]14-中里優

メニーナ円陣

  《東女体大》       《メニーナ》
    延坂          田中 高橋
 小谷 高村 渡部     籾木 中里 清水
   初見  6          木下
扇  田中 堀川  4  小須田 小林 村松 長澤
    杉山           望月

<交代>
6→伊藤(後半13分)   長澤→吉林(後半9分)
扇→橋本(後半34分)   籾木→小塙(後半22分)
            小須田→隅田(後半22分)
            村松→松久保(後半31分)
            清水→荒木(後半31分)

メニーナはベレーザのホームゲーム等で顔はよく合わせるんだけど、ゲームを見るのは久しぶりで多分去年の10月以来なんじゃないかと。気がついたら小林姓が海青の独占市場状態になっていましたですね。(笑)

几帳面で細かいパスワークのメニーナがボールポゼションで圧倒(7:3とかそのくらい?)、その割にはゴール前での決定機はあまり多く作ることが出来ないでいて前半は1点しか取れなかったんだけど、後半に入ってコンスタントにゴールが決まるようになった。

ちなみにメニーナのバックラインは前半途中から村松と長澤が入れ替わって、後半もそのままの状態で始まって長澤に代わって入った吉林もそもままセンターバックのポジションでプレー。久々に見るメニーナは初めて見る選手も多くて、まだ個々の特徴をつかめないではいるけど、それも含めてなかなか新鮮だった。とりあえずは小気味よいパスワーク主体のサッカーがなかなか良かったんじゃないかな。想像していた以上に強かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[J1]ジェフユナイテッド千葉−横浜F・マリノス

2009年5月23日 19時 フクダ電子アリーナ 観衆14,833人

ジェフユナイテッド市原・千葉 1−1 横浜F・マリノス

<得点>
50分 1-0 [千葉]18-巻誠一郎
88分 1-1 [横浜]13-小宮山尊信

     《千葉》          《横浜》
    谷澤  巻           渡邉
 アレックス   米倉     山瀬功    狩野
    下村 工藤        小椋 松田 兵藤
青木 ボスナー 池田 坂本  小宮山 中澤 栗原 田中裕
      岡本            飯倉

ジェフユナイテッド千葉−横浜F・マリノス@フクアリ

ジェフユナイテッド千葉−横浜F・マリノス@フクアリ

ぬるサポなので(^^;300円高いアウェイコーナー自由席で見ていた。アウェイ自由席と比べるとわりとスカスカな感じで余裕のあるような入りでそれはそれで快適だったかね。なんか売店とかトイレはやたらと混んでて行列になってたけど。

マリノスはなかなか前線にボールを運べなくて、特に狩野が仕事をさせてもらえなかったような印象。ボールが最終ラインと中盤の低い位置を行ったり来たりしてる間にそれを奪われて速攻食らって後半5分に巻にヘッドを決められて失点。それまでの流れを考えると予測の範囲内のシナリオだったか。

まあ今までだとそのまま0−1で終っちゃってたと思うんだけど、今日は意地と気合で後半43分に追い付いたような感じでとりあえずは負けなくてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.23

[練習試合]東京ヴェルディJr.Y−横浜F・マリノスJr.Y

2009年5月23日 9:45 ヴェルディG(ジュニオール)
※35分×3本

東京ヴェルディジュニアユース 3-2(2-0,0-2,1-0) 横浜F・マリノスジュニアユース

東京ヴェルディジュニアユース−横浜F・マリノスジュニアユース

10時かと思ってたら9時45分にキックオフ。チームスケジュールを見るとマリノスはU−14だったみたい。ヴェルディは2年生のチームだったのかな?1本目と2本目にベレーザの6選手(中地(CB)、須藤(左SB)、小林弥生(守備的MF)、南山(左MF)、原(FW)、小林詩織(GK))が客演してたような感じ。ヴェルディ側は金文字背番号の去シーズンユニ着用で、14番の原ちゃんが点取ったりしていた。

マリノスは決定機は作りながらも決めきれない状態が続く。ヴェルディは2本目途中から小林詩織に代わって出て来たゴールキーパーがかなり不安定っぽくて、2本目の終了間際にヴェルディGKとマリノスFWの間に落ちたボールをマリノスがかっさらって同点。その後もヴェルディGK君はフィードでマリノスに渡しまくったり、見切ったシュートがポスト叩いたりとかなり怪しげな状態が続いてたんだけど、そこにマリノスはつけこみ切れなかったような感じだったか。

ベレーザが引き上げちゃった3本目は心おきなく(^^;マリノスを応援していたんだけど、26分のスルーパスからのヴェルディがのゴールが決勝点になった。

試合終盤、ヴェルディの26番君が熱かったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.22

劇団、江本純子「まじめな話」

劇団、江本純子 第0回公演
「まじめな話」
(19時半・ギャラリーLE DECO 5F)

作・演出/江本純子
出演/町田マリー、江本純子

LE DECO

LE DECO

川上未映子からお花
芥川賞作家様からお花が。

渋谷のギャラリーLE DECOってところの5階フロアで。そもそもが画廊のスペースということもあって、いわゆるステージというものはなくて正面と向正面に作られた客席の間のスペースで江本純子と町田マリーの二人芝居が繰り広げられるという形だった。

脚本は分裂的なストーリーの散らかし方がいかにも江本純子っぽいのかな。町田マリーの役設定に紙一重の要素がやや不足しているような気がして、そこが食い足りないような印象ではあったけど。江本・町田の二人芝居ということで特別な波動が生まれるかと期待してたんだけどその辺は割と普通だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.05.21

本谷有希子「あの子の考えることは変」

B00287GOJO群像 2009年 06月号 [雑誌]
講談社 2009-05-07

by G-Tools

群像』6月号収録の小説。

田舎から出て来て同じアパートに同居する高校で同級だった女性2人を中心にストーリーが展開。

本谷有希子にありがちな偏った感じの登場人物のキャラ設定で、変なのは決して「あの子」だけでなく、時と場合によっては「この子」も相当レベルの変さを持ち合わせているようで、特に終盤以降の「この子」の孤独と狂気の炸裂っぷりが豪快でここまで吹っ切れちゃうとある意味疾走感・爽快感さえ感じる。もしかすると傑作かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早稲田力。

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2009年 6/4号 [雑誌]
Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2009年 6/4号 [雑誌]

雑誌の『ナンバー』ってのは滅多に買わないんだけど、最新号の729号は特集記事が「早稲田力。」ということだったので買ってみた。

FACE 岩渕真奈(サッカー)

わくわくしながらページをめくりはじめたら、特集が始まる前の巻頭記事のしょっぱなでいきなり岩渕真奈が出て来てなんかラッキーだねこれは。まるでエアロスミスのライブを見に行ったらパフィーの亜美ちゃんが出て来た(かつてそういうことが横浜アリーナであった)ような気分。scissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.20

[ナビスコ]横浜F・マリノス−サンフレッチェ広島

Jリーグヤマザキナビスコカップ2009 第3節
2009年5月20日 19時半 日産スタジアム 観衆9,545人

横浜F・マリノス 3−1 サンフレッチェ広島

<得点>
2分 1-0 [横浜]9-渡邉千真
35分 1-1 [広島]11-佐藤寿人
38分 2-1 [横浜]9-渡邉千真
81分 3-1 [横浜]5-田中裕介

横浜FM−広島

消毒液
トイレに消毒液を設置

    《横浜》          《広島》
  坂田 渡邉 山瀬         佐藤
   兵藤  小椋        柏木  清水
     松田        楽山  李  横竹 ミキッチ 
小宮山 中澤 栗原 田中裕    盛田 中島 槙野
     榎本            中林

トリコロール勝サンド

今年、トリコロール勝サンドを買った試合は2戦2敗と分が悪かったんだけど、この際だから勝つまで食べ続けちゃえ(^^;ということで今日も食べた。今回はヒレかつサンド。おまけのカードは前回と2回連続で兵藤だった。

横浜F・マリノス−サンフレッチェ広島

開始2分に気がついたら渡邉千真がゴール前でシュートシーンに持ち込んでいて、そのまま先制ゴール。ビデオの映像で見直すと広島・槙野のバックパス(坂田からのプレッシャーを避けるためにGKにパスしたっぽい)に千真が猛然と突っ込んでかっさらったものだった。ルーキーながらも前後の脈絡のないところから突然ゴールを生み出すのはもはや名人芸のような気さえする。それにしても大学時代はここまで要領良かったっけ?みたいな。

前半35分に佐藤寿人に同点ゴールを決められたものの(寿人のゴールは小笠原道大とかラミレスの一発みたいなもんだと思っておけばいいんじゃないかと(^^;)、直後に左サイドを突破した山瀬からボールを受けた千真がDFをかわして抜け出してめちゃスキルフルな勝ち越しゴール。あれはジェラードみたいなワールドクラスなゴールだったね。

マリノスの4−3−3の新システムは前回よりもかなりこなれていて進歩は見せていたかな。特に中盤の守備的なポジションがバランス良くなったような印象で、松田がピッチの中央で王様としてプレーしている姿は悪くなかったと思うし、前回は両サイドバックの負担が重すぎるんじゃないかって気がしたけど、今回はそうでもなかったように見えた。まだシステム自体は信頼出来ない状態だと思うけど、次はもっと進化してるといいけど、どうなるかね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みな子『華より花』

華より花華より花
みな子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

吉原芸者(あくまで芸者であって遊女・花魁とは別の存在)のみな子さん(なんかうちの実家のすぐ裏手に住んでいらっしゃたらしい)の本。寄席で「火付け盗賊改め方の長谷川平蔵…」のネタを拝見する俗曲師の柳家紫文さんが聞き手として登場している。

当時の吉原仲之町通りの様子っていうのを映像で見てみたいっていうのは郭噺を聴いていていつも感じることだし、タイムマシンなんてのがあったら真っ先に行ってどんなところだったのかのぞいてみたいのが吉原仲之町だよな。そこには単なる性風俗だけではない奥深い文化があるような気がするわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.19

日本ハム−巨人

巨人   003000300=6
日本ハム 00046105x=16

巨人:●高橋尚、西村健、福田
日本ハム:○八木、林、宮西、菊地、建山、宮本

本塁打:木村拓1号(巨)、金子誠4号(日)、亀井2号(巨)、阿部6号(巨)

交流戦開幕戦で一応首位決戦でもある。テレビ朝日でも中継してたみたいだけど、光山英和・岩本勉の解説がめちゃめちゃファイターズびいきだった(^^;GAORAで見ていた。

家帰って来て見始めた途端の3回表にキムタクのホームランとラミレスの2点タイムリーで3点を失ってありゃりゃって感じだったんだけど、4回裏の先頭打者だった稲葉のファーストゴロをイ・スンヨプがエラーして、これをきっかけに日ハムが猛攻開始でもう打つわ打つわ。二岡は打つし、鶴岡4打点だったし、なんかよくわからないけどすごかったね。7回表の宮西が2球で2被本塁打とわけがわからなかったけど、8回裏にレフト谷のまずい守備連発(札幌に慣れてない?)をきっかけに巨人の集中力が切れて試合が壊れたっぽい。

いや〜、それにしても日ハムにとってはいい試合だったね。16得点のうち何点かは後日に振り替えたいよ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.18

第6回ひぐらし寄席・隅田川馬石独演会

第6回ひぐらし寄席・隅田川馬石独演会

古今亭志ん坊「たらちね」
隅田川馬石 「強情灸」
五街道雲助 「付き馬」
 <仲入り>
隅田川馬石 「お富与三郎・島抜け」

「お富与三郎」シリーズの第六夜でこれが一応最終回。ホテルラングウッド4階の日暮里サニーホールコンサートサロンで午後7時から。今日は予約のみで当日売りは無しとのこで予約しておいて良かった。

志ん坊さんは髪の毛伸びたね。雲助師匠が演じた「付き馬」はやたらとウチの近所が出て来る噺だった。

今回の「お富与三郎」は「お富与三郎」といいながらもお富は出て来なくて(^^;出てくるのは与三郎だけだった。大きなストーリー展開があるわけではなくて、佐渡に島流しになった与三郎が島から脱出する場面の描写である意味純文学的だったか。最終回ということでもっとこってりやるのかと思ったら結構あっさり終わっちゃった。

お富与三郎は終わっちゃったけどひぐらし寄席はまだ続くそうで、次回は8月26日とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.17

[PREM]WEST BROM v LIVERPOOL

WEST BROMWICH ALBION 0-2 LIVERPOOL

<得点>
28分 0-1 [LIVERPOOL]8-Gerrard
63分 0-2 [LIVERPOOL]18-Kuyt

         トーレス
  ベナユン  ジェラード  カイト
    マスチェラーノ ルーカス
インスア アッガー キャラガー アルベオラ
         レイナ

JスポーツPLUSのライブ中継で視聴。

残留まで後がないウェストブロムウィッチが火事場の馬鹿力なのかものすごいアタックを仕掛けてきていたんだけど、28分にウェストブロムのDFラインからボールをかっさらったジェラードがそのままゴール前に抜け出てGKと一対一の場面を決めて先制。後半28分にはカイトがドリブル&シューを決めてでこれがとどめの一発っぽかった。リバプールはなぜか終盤の守りでやたらと熱くなっていて、キャラガーとアルベオラが味方同士で一触即発という場面があったが、途中出場していたシャビ・アロンソが迅速な対応で間に入って、レフリーも間に入って何とか収まった。これでリバプールは緩くなりそうなチームのムードが一気に引き締まったっぽい。

ウェストブロムウィッチは1試合を残しての降格決定でバイバイ。それをスタンディングオベーションで迎える観衆が優しすぎるような気がしたけどそういうものなのかな?そもそもがかなり絶望的な状態で事前にある程度覚悟は出来てたことではあったのかとは思うけど。

リバプールFC 08/09 TV観戦記リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[関東女子リーグ]横須賀シーガルズ−早稲田大学

第15回 関東女子サッカーリーグ
2009年5月17日 15時15分 保土ヶ谷公園サッカー場 ※40分ハーフ

横須賀シーガルズFC 1−9 早稲田大学ア式蹴球部

<得点>
前半0分 0-1 [早大]19-大滝麻未
前半3分 0-2 [早大]18-有町紗也香
前半11分 0-3 [早大]15-臼井理恵
前半12分 0-4 [早大]19-大滝麻未
前半17分 0-5 [早大]8-高畑志帆
前半22分 0-6 [早大]19-大滝麻未
前半24分 1-6 [シーガルズ]6-針生真実
後半20分 1-7 [早大]19-大滝麻未(PK)
後半24分 1-8 [早大]19-大滝麻未
後半39分 1-9 [早大]7-杉山遼

横須賀シーガルズFC−早大ア女@保土ヶ谷

  《シーガルズ》      《早大ア女》
   楢原 加門        大滝 有町
遠藤  片岡  針生   小野     杉山
   田中 大友        菊池 高畑
 林部 岡部 櫛山   臼井 水野 島田 大脇
    清水           岩田

            <交代>
            大脇→菅藤(HT)
            小野→織立(HT)
            有町→小山(後半9分)
            菊池→山根(後半14分)
            岩田→渡部(後半31分)

>O滝母様
8点ではなくて9点でした。

朝から行くと10時30分からプリンスリーグ関東・横浜F・マリノスユース−東京ヴェルディユース(マリノス圧勝だったようだ)、13時5分から関東サッカーリーグ2部・東邦チタニウム−ヴェルフェたかはら那須(試合終盤に到着したんだけど想像以上に観客が多かった)も見ることが出来たんだけど、あいにく天気が悪そうだったのでこの試合だけにした。霧雨っぽい小雨と時おり吹く強い風(これが組み合わさると保土ヶ谷サッカー場の屋根の存在価値が低下する(^^;)の中での試合だった。

キックオフした途端に大滝が突破して放ったシュートが決まって20秒くらいでア女が先制。ア女はスロースターターなんてこといいながらもここのところ開始1分以内でのゴールが多いような。今シーズン私が見た中だけでもこれが3度目。

順調にゴールを積み重ねていたように見えた早稲田だったんだけど(前半11分にウッチーが左サイドからフワッと決めた得点が見事だったなー)、前半の中頃にエイヤ〜って感じの失点を喫したあたりからピタリと勢いが止まって、後半中頃まではミスも多くてなかなかゴールが決まらない時間帯が続いたけど終盤になって盛り返したような感じだったか。山根の突破力がエレガントだったな。シーガルズは前半途中から25番・加門選手と9番・田中選手がポジション入れ替わってそのまま最後まで行っていた。

大滝はあれはちゃんと決めて欲しいな〜ってシュートを結構外しつつも終わってみれば5得点でダブルハットトリック崩れという結果だった。試合終了間際にクロスバーにブチ当てたシュート(最後はリバウンドがルーズになったところを佐穂が決めた)は惜しかったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

[J1]横浜F・マリノス−FC東京

2009年5月16日 19時04分 日産スタジアム 観衆20,349人

横浜F・マリノス 0−1 FC東京

<得点>
62分 0-1 [東京]14-中村北斗

[J1]横浜F・マリノス−FC東京

     《横浜》           《東京》
   坂田 渡邉 狩野        赤嶺 平山
    兵藤  山瀬功       羽生     鈴木
      松田           梶山 米本
小宮山 中澤 栗原 田中裕  長友 今野 ブルーノ 徳永
      飯倉             権田

[J1]横浜F・マリノス−FC東京

松田を一列前に上げるような感じで4−3−3にシステム変更したマリノスはいかにもプレーしにくそうな感じで終始。中盤の守備が空回りでなんとなく兵藤と山瀬の存在が中途半端で影が薄くなっちゃってたかな。組織的に守るということがあまり出来ていなかったようでその分最終ラインに高い負荷がかかってそれを個人能力で処理していただけのように見えた。

CKからの失点の場面はまああれだけたくさんセットプレーの機会を与えてたらいくらなんでも失点はしちゃうかなと思うわけで、コーキチはシステム変更のコンセプトを選手にきちんと理解させた上で実行させたのかが甚だ疑問だし、あまりにも未成熟な内容の試合を見せられた側としては火が通ってない鍋を食わされた客のような心持ちなんすけど。

なんか不完全燃焼だよこれは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[JFL]横河武蔵野FC−FC刈谷

第11回日本フットボールリーグ
2009年5月16日 14時 武蔵野陸上競技場 観衆523人

横河武蔵野FC 2−0 FC刈谷

<得点>
31分 1-0 [横河]6-遠藤真仁(直接FK)
36分 2-0 [横河]30-桜井直哉

[JFL]横河武蔵野FC−FC刈谷

  《横河武蔵野》        《刈谷》
   冨岡 関野          小島
 遠藤      林    小林 日下 加藤  姜
   桜井 太田          高橋
斎藤 金守 瀬田 石川   池上 酒井 酒匂 石川
     飯塚            山本

[JFL]横河武蔵野FC−FC刈谷

遠藤真仁

刈谷は浮氣哲郎が監督でアマラオがコーチというちょっとガス臭い(^^;ベンチ。

立ち上がりはその刈谷が勢い良いスタートを見せてペースを握るかと思ったんだけど、気がつけばいつの間にか横河が身分不相応(苦笑)なパスサッカーを展開していた。後半再三のチャンスをモノに出来なかったということもあって、2点で終っちゃったけど、内容的にはもっと差があるゲームだったように見えた。

刈谷は試合中に4−4−2へのシステム変更や選手間のポジション交換などをしたりと試行錯誤はしていたようだけど、なかなかそれが実を結ばないような印象だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.15

伊藤拓真がザスパ草津入り

伊藤拓真選手加入のお知らせ(草津公式)

この春に早大を卒業した後は無職(^^;だったっぽいけど、やっとこさ進路が決まったようで良かったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリックス−日本ハム

日本ハム  002110000=4
オリックス 000200000=2

日本ハム:○ダルビッシュ、S武田久
オリックス:●中山、金沢、ボーグルソン、大久保、清水、加藤

JスポーツESPNで見ていた。

ダルビッシュは全体的に今イチっぽくて変だったけど(怪しげなスローボールとか(^^;)、そういった出来でもなんとかまとめたようなピッチングだったみたい。試合の流れとしては小谷野の先制2点タイムリーも大きかったけど、5回表にエラーで出塁した走者をスレッジが犠牲フライで還した4点目がうまくオリックスの流れを止めたという意味で効果的な得点だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.05.14

阪神−広島

広島 000000001=1
阪神 11202010x=7

広島:●前田健、大島、林
阪神:○安藤

本塁打:鳥谷5号(神)

GAORA、時々BShiの中継で見ていた。

見始めた時はすでに阪神が2点をリードしており、その後も得点を積み重ねて行ってゲームは大差の展開になった。特に桜井が打ちまくっていたような印象。5回裏の平野の三塁打をアシストした形の広島左翼手マクレーンのお粗末な守備で試合が決まったっぽかったかな。

安藤はあと1人のところまで行きながら完封出来なかったことが不本意だったようだけど、まあ完投勝ちだったからいいんじゃないかね。この3連戦は下柳、久保、安藤と先発投手が頑張った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大槻ケンヂ『人として軸がブレている』

人として軸がブレている人として軸がブレている
大槻 ケンヂ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本屋で見つけて買って読んだ。タイトルがすごいよな。「ぴあ」で連載中のエッセイの書籍化第3弾ということだそうで、第1弾は読んでるけど第2弾は未読だったみたいで、第2弾をすっ飛ばして第3弾を読んだということになるのか。

内容的にはまあ普通なオーケン本かな。分量的にひとつひとつの文章がもう少し長かったりるすと良かったかもしれないけど、それは連載の都合だからね。時期的に再結成筋肉少女帯の武道館ライブの話題が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.13

阪神−広島

広島 0000000101=2
阪神 0000010000=1

広島:斉藤、梅津、シュルツ、○横山、S永川
阪神:久保、江草、ウィリアムス、アッチソン、●藤川

本塁打:新井5号(神)

BS1で途中から見ていた。7回表の天谷の右翼ポール際への三塁打はファールだったよなあれは。

6回裏に当たってない新井のホームランで先制したんだけど、8回表の同点にされ方(ウィリアムスが無死満塁から2連続三振でややホッとした直後に押し出し四球)が良くなかったな。10回表に藤川が天谷四球の後栗原に打たれて負け。10回裏の攻撃は走者をスコアリングポジションに置いて鳥谷、新井と紙一重っぽい当たりが続いてはいたけど逃げ切られちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒ユニだったか

Adult Away Kit (LIVERPOOL FC OFFICIAL ONLINE STORE)

予想してたのよりかなりカッコいいかもしれんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜開港150周年記念ユニフォーム

横しまユニフォーム@日刊スポーツ

「横浜開港150周年記念ユニフォーム」登場!(マリノス公式)

ユニフォームもどき

大昔にカテゴリー1で買ったマリノス福袋の中に入っていたユニもどきと雰囲気似ているような。縦縞だったけど。というか今考えると鈴与清水ラブリーレディースに似ていたね。

Brighton And Hove Albion The Seagulls

ちなみにブライトン・アンド・ホーブ・アルビオンのユニも似てます。やはり縦縞だけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.12

阪神−広島

広島 000000000=0
阪神 000000001x=1

広島:大竹、●横山
阪神:○下柳

本塁打:金本9号(神)

BS1の中継で4回くらいから見ていた。内容的には下柳と大竹の投げ合い。阪神が若干押し気味だったような気はしたんだけど、あと1本が出ない展開で推移。一方の下柳はほぼ完璧なピッチングで9イニングを抑え切った。

9回裏から広島は大竹から横山にピッチャー交代して、先頭打者だった金本がレフトスタンドに流し打ってこれがサヨナラホームラン。下柳、金本のO−40コンビが活躍した試合だったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.11

キッチンベル

オムレツ@キッチンベル

知人に教えてもらった両国にある洋食屋さんでこちらに紹介記事が載っている。相撲の後に行って来た。

私はオムレツ(750円)、相方はチキンソテー(900円)を食べた。茶碗でご飯&みそ汁(赤みそだった)というのがうれしい。あと、分けてもらったチキンソテーの塩加減がなかなかいい具合でご飯が進みそうだった。

店内のテレビで小沢氏の民主党代表辞任のニュースを知る。ついでに中澤佑二がゆうちょ銀行のキャンペーンキャラクターになったことも知った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年5月場所大相撲《2日目》

両国国技館

入場時手を消毒

家から歩いて(寿町経由)午前8時ちょうどくらいに両国国技館着、2,100円の自由席券を購入して入場。ちなみに新型インフルエンザ対策ということで入場時に消毒液で手をすりすりしてからの入場。今日は横綱・大関のクリアファイルプレゼントつき。

序の口

8時30分取組開始で序ノ口と序二段を9時過ぎまで見て、通院のため一時退出。午前中の間に戻って場内をうろちょろ。

九重親方サイン色紙

今日は九重親方(元千代の富士)の親方握手会があったんだけど、新型インフルエンザの影響ということで握手は無し、親方直筆サイン色紙プレゼントのみに変更ということで、色紙をいただいた。

春日王関のぼり

川崎フロンターレが春日王関にのぼりを出していた。

古今亭菊之丞師匠

スケジュール通り(^^;古今亭菊之丞師匠がいらしていた。東の溜席で御観戦(写真は中入の時のもの)。向正面にはオリンピックおじさんもいた。

幕内土俵入

相撲の方は好きな力士の高見盛と千代大海が2人とも勝ったので上機嫌で帰って来た。特にカド番13度目(ってのはある意味すごいよな(^^;)の大関千代大海の連勝スタートがうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.10

東京都女子サッカー大会決勝

第29回東京都女子サッカー大会・決勝戦
2009年5月10日 16時40分 渋谷区スポーツセンター
※30分ハーフ

早稲田大学ア式蹴球部 6−0 立川FC

<得点>
前半0分 1-0 [早大]9-小山季絵
前半2分 1-1 [立川FC]9番
前半6分 2-1 [早大]19-大滝麻未
前半13分 3-1 [早大]19-大滝麻未
後半17分 4-1 [早大]9-小山季絵
後半23分 5-1 [早大]19-大滝麻未
後半29分 6-1 [早大]9-小山季絵

早稲田大学ア式蹴球部女子−立川FC

  《早大ア女》       《立川FC》
大滝  小山  大脇     14  9
  織立 山根 小野     41     15
    菅藤          5  22
  水野 今井 高畑    39 77 11 10
    岩田           1

<交代>
水野→新井(HT)    77→23(後半18分)
織立→臼井(後半25分)
高畑→水野(後半29分)

開始1分足らずで小山がドリブル&シュートで華麗に先制。30分ハーフと試合時間が短い大会だけにこのゴールは大きいかと思ったら直後の前半2分にあっさり追いつかれた。(苦笑) それでもその後もコンスタントに得点をあげ続けた早稲田ア女が勝利して今シーズン初タイトル獲得だぜい。

東京都女子サッカー大会決勝・早大ア女−立川FC

渋谷区スポーツセンターは校庭っぽい雰囲気のグラウンドで、足下がかなり硬くてボールが高くバウンドするようなピッチでのゲームだった。様々なコンディションでのプレーを経験することの出来た大会だったのではないかということにしておこう。前半13分にCKからのボールを大滝がヘッドで叩き付けたシュートがものすごいバウンドでゴールネットに収まった得点がすごかった。

最優秀選手・小山季絵

大会最優秀選手は小山季絵選手だったです(手は本人(笑))。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[なでしこリーグ]日テレ・ベレーザ−浦和レッズレディース

plenusなでしこリーグ2009ディビジョン1
2009年5月10日 13時 平塚競技場

日テレ・ベレーザ 3−1 浦和レッドダイヤモンズレディース

<得点>
5分 1-0 [ベレーザ]9-大野忍
12分 1-1 OWN GOAL
67分 2-1 [ベレーザ]6-近賀ゆかり
89分 3-1 [ベレーザ]9-大野忍

日テレ・ベレーザ−浦和レッズレディース

   《ベレーザ》        《浦和》
   永里優 大野        安藤 北本
 原      永里亜   後藤     柳田
  宇津木 小林弥       熊谷 庭田
南山 豊田 岩清水 近賀  竹山 矢野 百武 土橋
     松林           山郷

日テレ・ベレーザ−浦和レッズレディース

開始5分に小林弥生→永里亜紗乃→大野とつないであっさり先制ゴールで4試合ぶりの得点。ところが12分に安藤のFKが壁に当たってスラすような形での見事なオウンゴールになってしまって同点。その後も浦和がやや押している印象ながら、ベレーザもゴール前でチャンスはそこそこ作っていて、大野はシュートに至るまでの動きは完璧っぽいんだけどそこから先がねえ(^^;みたいな。今シーズンは従来以上に大野のフィニッシュの精度と心中せざるをえないのかな?ということを考えながら見た前半だった。

浦和からは去年ほどギラギラとした執念のようなものが伝わってこなくて、攻撃も淡白であまり怖さを感じなかったかも。別件があったので後半15分まで見て引き上げて来ちゃったんだけど、その後近賀が勝ち越しゴール、大野の追加点で3−1で勝利した模様。

今日は前半30分過ぎにメイン中央部から起こった「ベレーザがんばれ〜!」という女の子達の声援が印象的で良かった。サッカー教室に参加していた子達だったのかな。成年男子達が逆立ちしても敵わない(^^;強力な応援だったんじゃないかと思ったりなんかした次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREM]WEST HAM v LIVERPOOL

WEST HAM 0-3(0-2,0-1) LIVERPOOL

2分 0-1 [LIVERPOOL]8-GERRARD
38分 0-2 [LIVERPOOL]8-GERRARD
84分 0-3 [LIVERPOOL]19-BABEL

          トーレス
    ベナユン ジェラード カイト
      ルーカス マスチェラーノ
アウレリオ シュクルテル キャラガー アルベロア
          レイナ

アプトンパーク(行ったことある)での試合。Jスポーツ2のライブ中継。

開始直後のフェルナンド・トーレスからの絶妙なスルーパスに反応したジェラードが決めて先制。この1点がデカかったな。38分にはベナユンからゴールに浮き球パスが出て、これを受けたトーレスがシャツ引っ張られてPK。ジェラードのキックをGKに弾かれるが、跳ね返りをジェラード自らが決めて追加点。前半43分にキャラガーがコントロールミスでディミケーレにかっさらわれてそのままゴール前一直線という場面にヒヤッとしたが、ディミケーレが芝に足取られてバランス崩し転んでしまい、ついでにシミュレーションで警告になってリバプールにはラッキーな結果となった。試合終盤にもカイトが右からゴール前に入れたボールをバベルが決めて3点目でダメ押し。

リバプールは内容的には決して絶好調というわけでもなかったように見えたけど、順調に追加点を積み重ねていて安心して見ることが出来る試合だったかな。主審の判定がリバプールに甘めだったような気がしないでもなくてそれはラッキーだったかも。

これでリバプールはあくまで暫定ではあるがリーグ首位。明日のダービーでマンUがコロッと負けてくれたりしませんかね〜の他力本願モードっす。(^^;

リバプールFC 08/09 TV観戦記リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.09

川本梅花『大宮アルディージャの反逆』

大宮アルディージャの反逆大宮アルディージャの反逆
川本 梅花


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

珍しいアルディージャ本。大宮のことを書いても売れなさそうな気がしないでもないのだが(^^;その割には結構いろんな本屋で見かけるような気がする。それほど波風立たないドラマ性の少ないクラブが題材の割には、よくまとめているのかなという気はした。ある事実に関しても証言者によって見方が異なる部分があってそのあたりは面白い。張外龍の言ってることは楽天・野村監督と同似ているな。ある意味王道ってことか。

内田智也についての部分で「…移籍当初、J1のレベルに慣れない内田が…」(P.151)みたいな調子で大宮に来てはじめてJ1でプレーしたような書かれ方をしているのだが、内田は大宮に来る前の2007年シーズンは横浜FCで1年間J1のゲームに出場しているので、筆者は完全に勘違いしてるっぽい。内容をチェック出来る人はいなかったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ハム−オリックス

オリックス 000000020=2
日本ハム  10100100x=3

オリックス:●小松、清水、香月、菊地原
日本ハム:○藤井、菊地、林、S武田久

GAORAで最初と最後のところだけ見ていた。

3回表のスコアボードのボールカウント表示間違いってのは日ハム側の巧妙な作戦だったりしたのか?(苦笑) 本来は2ストライク2ボールだったのがスコアボードは1ストライク3ボールと表示されていたみたいで、次の藤井の投球がボールで打者山崎浩が四球かと思った1塁走者の大村が2塁手前でスピードを緩めたところをタッチアウト。金子誠はよくちゃんとタッチしていたよね。というかああいう場面審判はスコアボードのカウント表示を訂正させなきゃいかんと思うが。大石監督が抗議しているところでサッカーにチャンネルを切りかえた。

その後8回表途中1死満塁で武田久が出てきたところから再び見ていた。押し出しと内野ゴロで2点を失ったけど、1点差で逃げ切って日ハムが勝利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[J1]大分トリニータ−横浜F・マリノス@九石ドーム

大分トリニータ 1−2 横浜F・マリノス

16分 1-0 [大分]5-エジミウソン
30分 1-1 [横浜]22-中澤佑二
40分 1-2 [横浜]5-田中裕介

      渡邉
   坂田   狩野
小宮山 兵藤 山瀬  田中
   中澤 松田  金
      飯倉

JスポーツPLUSのライブ中継で見ていた。マリノスは山瀬と狩野のポジションが前後入れ替わっていた。

大分の先制点はマリノスGK飯倉のキャッチミス。幸運にも逆転出来たから良かったけどちょっと勘弁してほしい部類の失点だったな。

30分に狩野が惜しいシュートを放った直後のCKで渡邉千真のヘッドをGK西川が弾き返したところを中澤が冷静に蹴り込んで同点。40分の得点はエジミウソンがプレー中の交錯で傷んで交代の西山が入るまでの間の得点。松田から前線に浮き球のパスが出て、これにうまく反応した裕介が体勢崩しながらも決めてこれが決勝点。

後半もそこそこ支配出来ていたのかとは思うんだけどスコアは動かず、終盤は疲れからか押し込まれる場面が多くなって特にロスタイム前後はかなりヒヤヒヤしたけどなんとか逃げ切って勝利。無事大分の連敗を止めずに次のチーム(清水かな?)にお渡しすることが出来た。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.05.08

日本ハム−オリックス

オリックス 000000001=1
日本ハム  00005500x=10

オリックス:●中山、ボーグルソン、大久保
日本ハム:○ダルビッシュ、宮西、金森、建山

試合途中からGAORAの中継で見ていた。

日ハムは5回・6回がビッグイニングで、ダルビッシュ(初回は怪しかったらしいけど)が投げてて6回終了時点で10−0の試合を逆転されちゃったら事件なわけで(^^;、と思ってたらダルビッシュは7回まで92球で代わっちゃった。

9回表に金森がフェルナンデスのピッチャー返しを足に受けて降板、急遽登板した建山がタイムリーを食らって1点を失ったものの、その後はきっちり抑えて快勝。日ハムは10点もいらなかったな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ア女・小山季絵が女子特別指定選手

女子:特別指定選手に2選手を承認(JFA公式)

早大ア女の小山季絵が特別指定選手になったそうで、受入先はマリーゼとのこと。最終学年の4年生の時っていうのは大学生活の総決算ということでいろいろと忙しい時期でもあると思うので、特別指定で行くんだったら3年生の今がいちばんの行き頃なんじゃないかと思ったりするので頑張ってね。

早稲田大学ア式蹴球部・小山季絵
小山季絵@なぜか副審

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.07

ヤクルト−阪神

阪神   010000000=1
ヤクルト 10000100X=2

阪神:●久保、江草、渡辺
ヤクルト:○石川、木田、S林

本塁打:桜井2号(神)

ひょっとしたら神宮に行こうかとは思っていたんだけど、なんか雨っぽかったので家でCSのフジテレビONEで1対1のところから見ていた。実際は雨っぽいというよりは大雨で、どこまで激しい雨の中で野球が出来るのか実験していたみたいなゲームだったな。(^^; 木田とかオッサンなのにあんな大雨の中投げさせられててかわいそうだったです。(苦笑) 局面的には6回表に1アウト3塁で鳥谷ショートゴロの場面でランナーの赤星が飛び出しちゃってたのがどういう約束事になっていたのか謎のプレーだった。直後の6回裏に連打食らってこれがヤクルトの決勝点。

それにしてもいつ中止になっても不思議ではないような降りで、よくまあ9回フルでやったなみたいな試合だったっすよ。阪神的には5回まででコールドにしてくれれば良かったのに。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.06

[なでしこリーグ]TEPCOマリーゼ−日テレ・ベレーザ

マリちゃん
マリちゃんのつま先がアブドーラ・ザ・ブッチャーの凶器シューズのようだ。(笑)

松長佳恵カンバッジ

1回200円のガチャガチャで選手缶バッジの販売をやっていて、出て来たのは五十嵐章恵選手だったんだけど、松長佳恵選手のが出た方にお願いをして交換してもらってさっそくファンクラブブース(今日は松長選手と吉冨桃子選手がファンサービスをしていた)で本人にサインをしてもらった。


plenusなでしこリーグ2009ディビジョン1
2009年5月6日 13時 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆1,189人

東京電力女子サッカー部マリーゼ 1−0 日テレ・ベレーザ

<得点>
10分 1-0 [マリーゼ]11-本間真喜子

マリーゼ−ベレーザ@ニッパツ三ッ沢球技場

マリーゼ−ベレーザ@ニッパツ三ッ沢球技場

   《マリーゼ》        《ベレーザ》
   本間 丸山         大野  原
 伊藤     五十嵐    永里亜    小林弥
   上辻 宮本        永里優 宇津木
鮫島 宮崎 長船 中村   中地 須藤 岩清水 近賀
     増田            松林

中地舞@キャプテン

前半10分に右サイドを崩されてそこからゴール前に出たボールに飛び込んだ本間に合わされて失点して結局これが決勝点。その後マリーゼは選手交代で守備を厚めにしたりとヴェテラン度が高く経験値のあるところを見せつけるかのように老かいに守り切ったような印象。

ベレーザは焦りとかもあってなのか攻撃が単調になってしまっていたみたい。絶対的な選手の頭数ということでのマンパワー不足がいかんともしがたい状態のように見える。昨年成績がふるわなかったチームのムードを一掃するためにスタメン全員総とっかえで対応しようとした早大・今井監督の迷采配(^^;がある意味うらやましかったりするわけで、まあ今いるメンバーでやり繰りしていかなきゃないかんので頑張ってね。

ベレーザはハーフタイムに選手2名を入れ替えたりしたけど(中地、小林弥生→豊田、木龍)、結果としてはあらわれず。紙一重っぽくはあったんだけど。きっと今が辛抱のしどころなんだろうな。主力が抜けて今までほどは勝てなくなってしまうのはある程度覚悟していたことではあるんだけど、最近勝利出来ていないことも影響してなのかなかなか自分たちのサッカーが出来ていないように見えるところがもどかしい。たぶんシャビ・アロンソのところだよな。フェルナンド・トーレスっちゅう気もするけどそれは抜本的ではないのでやっぱシャビ・アロンソなんだろうな。緩急つけられるようになるとよいのだけど。

<追記>
写真を追加。あとシステム勘違いしてたっぽいので修正。本文も若干変更。(5/7)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.05.05

しょうぶ湯@一葉泉

今日は菖蒲湯ということで近所の銭湯の一葉泉に行って来た。

一葉泉(陸中海岸の絵)

一葉泉

しょうぶ湯ポスター

菖蒲湯ポスター

ヤクルト無料サービス
ヤクルトがもらえた。

玄関の壁の絵(一番上の写真の陸中海岸)と浴場内の銭湯画(富士山@西伊豆の景色)を描いた早川利光氏は先月亡くなられたみたいです。家帰って来て調べて知った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[J1]大宮アルディージャ−大分トリニータ

ミーヤちゃん

アルディ君

不二家キャンディ(リボンシトロン)&ブルボンマスカット
なんかよくわからないけどアルディ君からお菓子をもらっちゃった。

2009年5月5日 14時03分 NACK5スタジアム大宮 観衆9,306人

大宮アルディージャ 3−0 大分トリニータ

<得点>
22分 1-0 [大宮]13-藤田祥史
26分 2-0 [大宮]11-藤本主税
33分 3-0 [大宮]9-石原直樹

大宮アルディージャ−大分トリニータ@ナクスタ

    《大宮》          《大分》
   藤田 石原         森島 前田
 パク     藤本     金崎     家長
   金澤 内田        西山 エジミウソン
波戸 マト 片岡 土岐田   坪内 上本 森重 藤田
     江角            西川

宮アルディージャ−大分トリニータ@ナクスタ

石原直樹

4連敗中の大宮と6連敗中の大分とのへたれ対決なはずだったんだけど(^^;前半早々に勝負が付いたっぽい。

前半22分に右サイドに流れた内田がゴール前に送ったボールを藤田がヘッドで決めて先制。何よりもここでの先制点が大きかった。26分にはCKからこぼれたボールを主税がやはりヘッドで押し込んで追加点。33分には前線に抜け出した藤田からのパスを受けた石原が決めて3得点目。前半終了間際の43分に大分の上本が石原の顔面に肘打ちを食らわせたみたいでちょっと厳しい判定のような気もしたけど一発退場。試合はここで決まりだったな。

3点のビハインドかつ数的不利に陥った大分は同点&逆転を狙うというよりはこれ以上傷口を広げないような試合運びをしてきたみたいで、選手交代からもなんとなくそんな感じがうかがえた。大宮はポゼションでゲームを圧倒、このチームにしては珍しく数的優位を活かすような内容のサッカーが出来ていたように思うんだけど、追加点は奪えずに試合終了。大宮からしてみればもうちょっと点取れたような気がしないでもないが、そのあたりは大分の手口にはまった形だったか。とりあえずは快勝で連敗ストップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.04

徳勝楼 三ノ輪店

中国料理徳勝楼三ノ輪店

マーボー豆腐セット@730円
マーボー豆腐セット@730円

4月16日に三ノ輪駅前にオープンした中国料理のお店に行ってみた。麻婆豆腐けっこう辛かったな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

阪神タイガースショップ・神宮スタジアム通り店

阪神タイガースショップ・神宮スタジアム通り店

Tigers Shop 神宮スタジアム通り店

外苑前駅と神宮球場の間、秩父宮ラグビー場の隣にタイガースショップがオープンしてたみたいでデリカシーの無さがある意味すげえや。(苦笑) ポケット判の公式戦スケジュールが置いてあったのでもらって来た。

ヤクルトスワローズグッズコーナー

ちなみに店内に申し訳程度にヤクルトスワローズグッズコーナーがあったけど、ここで買う人っているのだろうか?(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[東京六大学野球]早稲田大学−立教大学

東京六大学野球 2009春季リーグ戦
2009年5月4日 13時 明治神宮野球場

W 00010010000001=3
R 00100100000000=2

早稲田:斎藤、大石
立教:戸村、増田健、仁平

東京六大学野球

斉藤藤佑樹

ずっと鎌ヶ谷のイースタン(日本ハム−ヤクルト)か千葉マリンのパ・リーグ(ロッテ−日本ハム)のどちらに行こうか迷ってたんだけど、結局神宮に東京六大学野球観に行った。野球部を見に行くのは鳥谷とか青木がいた頃以来だったりするかもしれない。

RIKKIO
立教のロゴって「RIKKYO」じゃなくて「RIKKIO」だったみたいで今日初めて気がついた。

東京6大学・早大−立大

早稲田の斎藤佑樹は昨日8イニングを投げてたので今日は出て来てもリリーフなのかなと思ったら先発だった。ラッキーだったのかな。佑ちゃんを見るのは2006年8月の甲子園決勝戦以来かもしれない。

早稲田は攻撃が15安打9四死球に加え振り逃げ等でも出塁があったんだけどタイムリーが出ない。4回表の押し出し四球、7回表のセーフティスクイズでの2点だけで残塁の山・山・山のまま延長に突入、10回表に2死2塁から4番原がセンターに勝ち越しタイムリーかと思ったらこれは本塁タッチアウト。

勝ち越したのは14回表で斎藤に代わって8回裏から好投を続けていた大石がツーアウトからヒットで出塁、続く杉山がレフト前に放った当たりに飛び込んだ立教のレフトがボールを後ろにそらしてこれが二塁打になり、決勝点になった。

東京六大学野球・早稲田−立教

なんとか早稲田がなんとか勝って勝ち点は取ることが出来たものの、なんともストレスのたまる試合展開だったよ。途中ベースランニングで足を痛めながらも好投を続けた大石君の活躍が光った試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.03

[PREM]LIVERPOOL v NEWCASTLE

LIVERPOOL 3-0(2-0,1-0) NEWCASTLE UNITED

22分 1-0 [LIVERPOOL]15-BENAYOUN
28分 2-0 [LIVERPOOL]18-KUYT
87分 3-0 [LIVERPOOL]21-LUCAS

         カイト
    リエラ ジェラード ベナユン
     アロンソ マスチェラーノ
アウレリオ アッガー キャラガー アルベオラ
         レイナ

JスポーツPLUSのライブ中継で視聴。後半途中ちょっと回線が落ちた。

リバプールは故障だったジェラードが復帰。その代わりと言っちゃなんだがフェルナンド・トーレスがハムストリングに違和感があるらしくてお休み。ニューカッスルはFWのダミアン・ダフが左サイドバックをやっていたよ。

前半22分にシャビ・アロンソのインターセプトから右サイドのジェラードにパスが出て、いったんはルーズになったもののカイトが拾ってゴール前に送ったボールをベナユンが押し込んで先制。28分にはジェラードからのCKをカイトがピンポイントのヘッドで合わせて2点目。その後も圧倒しながらもスコアは動かなかったんだけど、終了間際にファビオ・アウレリオのFKからルーカスが決めて3点目。リバプールが完全に支配してスコア以上の圧勝だった。クロスバーが大活躍で3本(アロンソ2本、ジェラード1本)も止められちゃったな。(^^; 点差があるにもかかわらず試合終盤になっても前線からの守備を怠らずにプレッシャーをかけ続けることの出来るリバプールってチームは一体どうなっているんだろうね。

後半32分にバートンの悪質なプレー(一発レッドで退場)で削られて負傷交代してしまったシャビ・アロンソの状態が心配。大したことないといいけど。

リバプールFC 08/09 TV観戦記リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[関東大学サッカー]中央大学−駒澤大学

JR東日本カップ2009 [第83回]関東大学サッカーリーグ 前期
2009年5月3日 13時50分 西が丘サッカー場

中央大学 3−1 駒澤大学

<得点 >
7分 1-0 [中大]18-鈴木寛一
8分 1-1 [駒大]31-奥村情
33分 2-1 [中大]18-鈴木寛一
71分 3-1 [中大]8-柴橋浩太

中央大学−駒沢大学

    《中大》         《駒大》
    林  鈴木        佐藤 三島
 六平     柴橋    奥村     山中
   村田 永木        笠井 市川
佐藤 新井 山田 田港  山崎 中山  金  三澤
     小野            岡

岡ちゃんはいなくなっていたけど大熊さんはいた。母校(中央大学)の試合を見ていたということのようだ。

立ち上がりの駒大のラッシュがすごくて「おー」って感じだったんだけど、次第に両チームとも考えているキャラ通りなイメージの範囲内に落ち着いてきて、終わってみたら妥当なスコアになっていたような印象。

メインの中央大サイドで見ていたんだけど、隣のブロックのおそらく選手のご父兄かと思われるオバ…じゃなくてベテランな嬢さまの方々の声援(熱かった)がそれなりに的を得ていたようで聞いてて楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[関東大学サッカー]早稲田大学−慶應義塾大学

JR東日本カップ2009 [第83回]関東大学サッカーリーグ 前期
2009年5月3日 11時30分 西が丘サッカー場

早稲田大学 1−1 慶應義塾大学

<得点 >
37分 0-1 [慶大]10-中町公祐
47分 1-1 [早大]33-富山貴光

早稲田大学−慶応大学

    《早大》         《慶大》
   中川翔 富山          甲斐
  菅田     中野大    深澤 河井 中川靖
    奥井 山中        織茂 中町
中川裕 岡根 服部 野田   黄  笠松 三上 田中
     菅野           中川翔

富山貴光vs三上佳貴

真後ろの関係者席に岡田監督を筆頭に日本代表スタッフが勢ぞろいで、通りかかったJリーグ鬼武チェアマンが「大集合やね」と声をかけていた。何か話をしてたみたいなんだけど、地声の大きな大熊コーチの声しか聞こえてこなくてなんかまるで独り言のようだった。(笑) その他早大ア女の長岡監督、福嶋コーチ、錦見トレーナー、有町、織立が来ていて、ちゃっかりハーフタイムには長岡監督が岡ちゃん、錦見、有町、織立の4ショット写真を撮ってた。

両チーム合わせて4人も中川選手がいたね。(笑) 試合の方は散らかっている部屋のような(^^;とっぽいイメージの早稲田vs整理整頓されていてスマートな慶応みたいなある意味スクールカラーが現れたような印象だったかな。攻撃の手数は慶應の方が多かったような気がするが、早稲田もゴール前のチャンスは作ることが出来ていたし、どちらに勝利が転がり込んでも不思議ではない展開だったように思う。独特の緊張感のあるいい試合だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.02

[J1]FC東京−大宮アルディージャ

2009年5月2日 19時04分 味の素スタジアム 18,886人

FC東京 3−2 大宮アルディージャ

<得点>
4分 1-0 [東京]18-石川直宏
25分 2-0 [東京]18-石川直宏
36分 2-1 [大宮]7-内田智也(直接FK)
57分 3-1 [東京]18-石川直宏
67分 3-2 [大宮]3-マト

FC東京−大宮アルディージャ@味スタ

    《東京》          《大宮》
   カボレ 赤嶺         石原 藤田
  羽生     石川     内田     渡部
    梶山 米本         金澤 新井
長友 今野 ブルーノ 徳永   村山 マト 片岡 土岐田
     権田            江角

FC東京−大宮アルディージャ@味スタ

渋谷経由(それがいちばん早いみたいだ)で飛田給に向かった。

大宮は素人目に見ても最終ラインの守備が不安定で、片岡はへたくそでかわしまくられているし、土岐田はいてほしいところよりも1ブロック高い位置にいることが多かったような印象で、立ち上がりの4分に石川にあっさり決められて失点、守備のバタバタはその後も続いて江角のナイスセーブと東京の奇跡的とも思える決定力の無さとに救われていた感があったような。それでも前半25分に再び石川に決められてしまって2失点目。このまま何点取られることになるんだろうかと思ったんだけど前半36分に内田 が直接FKを決めてやや雰囲気変わったような部分はややあったか。

後半12分に三たび石川に決められて今度こそジ・エンドかと思ったら、後半22分にCKからマトが押し込んでその後は大宮にスイッチ入ったようでイケイケ状態にシフトチェンジ。結局追い付くことは出来なかったものの終盤の猛攻のおかげで後味だけは悪くなかったか。

早草紀子さん@仕事中

負けたけど、今日も早草紀子さんの仕事姿を拝んで勝手になごんで帰って来た。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[J1]横浜F・マリノス−川崎フロンターレ

2009年5月2日 15時05分 日産スタジアム 観衆28,016人

横浜F・マリノス 2−1 川崎フロンターレ

<得点>
21分 1-0 [横浜]10-山瀬功治
44分 2-0 [横浜]11-坂田大輔
87分 2-1 [川崎F]14-中村憲剛

マリノス君

     《横浜》          《川崎》
      渡邉         ジュニーニョ 矢島
   坂田   山瀬功     ヴィトール   田坂
小宮山 兵藤 狩野 田中裕     横山 中村
   中澤 松田  金     村上 寺田 井川  森
      飯倉            川島

横浜FM−川崎F

諏訪四丁目13時47分発のバスがちょっと遅れてたみたいで乗ることが出来た。それを逃すと14時12分発の便になってしまっていたのでラッキーだったかもしれない。京王永山→橋本と乗り継いで14時49分に新横浜駅到着、15時5分のキックオフにギリギリ間に合った。

この試合、両チームの監督もそうだし、マリノスの兵藤、渡邉千真、フロンターレの矢島、横山と4人の早稲田大OBが名を連ねていた。選手で最後まで出ていたのは兵藤だけだったけど。(苦笑)

前半21分にバックラインの金根煥から出たロングボールがゴール前で大きくバウンドしてルーズになったところを山瀬功治がうまくマイボールにしてシュート、これが決まってマリノスが先制。30分過ぎに松田が傷んで小椋に交代してしまったけど大丈夫か?前半終了間際に山瀬功治が左サイドタッチライン際を突破、ゴール前でラストパスを受けた坂田がDFを振り切り、GKもかわして見事なゴール。この2点目が大きかったかな。

後半に入ってフロンターレが選手交代をして押し込むようになったもののマリノスも割と良いイメージで進んでいたように思う。千真のGK正面とか坂田のクロスバー直撃などというチャンスはあったが決めきれず、後半40分を過ぎたところでCKで時間稼ぎをしたりと消極策が納得いかない部分もあったけど(案の定失点した)、それでもなんとか逃げ切って連勝。フロンターレのACL疲れもあってそれに助けられた部分も大いにあったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[なでしこリーグ]日テレ・ベレーザ−岡山湯郷Belle

plenusなでしこリーグ2009ディビジョン1
2009年5月2日 13時 多摩市立陸上競技場

日テレ・ベレーザ 0−0 岡山湯郷Belle

ベレーザ−湯郷ベル

ベレーザ試合告知ポスター

   《ベレーザ》        《湯郷ベル》
    永里亜           中川理
   大野  木龍      中川千 有町 加戸
 小林弥 宇津木 原       中野 松田
須藤 豊田 岩清水 近賀  津波古 武者 秋葉 井関
     松林            福元

ホットドッグ@400円

ベレーザフードパーク、今回はホットドッグを食べた。大リーグの会場で売っているようなプレーンな王道系ホットドッグだった。

ベレーザ−湯郷ベル

岩渕は後援会ブースのあたりに座ってた。故障?今日もやや風が強くて、メインスタンド中央部のテントが飛びそうになったので布の部分を外していた。

ウォーミングアップに出て来た湯郷ベルのGK岸星美(今日はサブだった)に声をかけたら「見に来ていただいたんですか?」と言われたので、「いや、ベレーザを見に来た。」と答えた。(笑) やはり渡邉千真の活躍が話題になる。

ベレーザは前節を引きずっちゃってるのかエース大野がスランプ患っちゃってる風だったか。それがチーム全体に波及してしまっていたのかなんとなくバラバラで散漫な印象だった。湯郷ベル16番の中川理恵が何度か鋭い突破を見せたんだけど、GK松林が的確な守備で対応していた。

前半で引き上げちゃったんだけど、後半もスコアが動かず2試合連続でのスコアレスドローだったようで、やはり多摩陸2連戦で勝ち点2というのは不本意な結果だったという評価になるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お知らせ】第60回 早慶サッカー定期戦

気がついたら概要がすでに発表されていた。
http://homepage1.nifty.com/keio-soccer/waseda-soccer/wk60th-index.htm

平成21年6月28日(日)国立霞ヶ丘競技場

<タイムテーブル>
16:00 15:30 開場
16:40 16:15 女子部開会式
17:00 16:30 女子部キックオフ(35分ハーフ)
18:40 18:45 男子部開会式
19:00 男子部キックオフ

<入場料>
前売券900円 当日券1,000円 小学生以下無料

今年は金曜日ではなくて日曜になりました。前座として女子部の試合も開催されることになりまして、これは歴史に残るとても大きな前進です。国立での試合を経験してチームとしての経験値を増やしていってほしいと思います。

男子はかつて早慶戦が日本初のサッカーの夜間ゲームだったこともあってか夜の開催にこだわっているようで午後7時キックオフです。

そんでもって皆さん、よろしかったら部員から前売り券を買って上げてください。m(_,_)m なんでしたら仲介します。いつもは9千人台なんだけど、今年は1万人超の観衆を集めたいなあと。

<追記>
タイムテーブルに変更あり。(5/4)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.01

日本ハム−西武

西武   000001000001=2
日本ハム 000001000000=1

西武:涌井、星野、小野寺、○大沼、土肥、S野上
日本ハム:ダルビッシュ、武田久、●建山

GAORAの中継で見ていた。

降板後の談話によるとダルビッシュはあまり良くなかったそうなんだけど、そうは見えなかったけどな。6回表に中村・清水に連続2塁打(清水のはいい当たりじゃなかったんだけどいいところに飛んじゃったな)を浴びて失点して、直後に左足に違和感覚えたみたいで、いったんベンチ引っ込んで治療したりなんかしてひやりとしたけど、その後も普通に投げてた。というか力抜けてて良かったと思う。

結局ダルビッシュが9イニング、武田久が1イニング、建山が2イニングを投げて、最後の建山が中島にレフトの頭を越す当たりを打たれた。ファイターズはダルビッシュが先発だったから勝ちたかったんだけどね。まあライオンズもエース涌井だったから同じこと考えてたんだろうけど。

球界を代表するエース同士の対決だったのでスピーディーな試合になるのかと思ってたら、9回では終わらず延長12回で4時間半のとても長い試合になってしまった。ハムは最低でも引き分けたかったな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »