« 江本純子「空き缶とペットボトル」 | トップページ | [JFL]横河武蔵野FC−ガイナーレ鳥取 »

2009.06.05

[交流戦]読売ジャイアンツ−北海道日本ハムファイターズ

2009日本生命セ・パ交流戦 伊藤ハムシリーズ巨人公式戦
2009年6月5日 18時 東京ドーム 観衆44,242人

日本ハム 001010000=2
巨人   40000010X=5

日本ハム:●藤井、江尻、林、宮本
巨人:○ゴンザレス、山口、越智、Sクルーン

本塁打:稲葉7号(日)

交流戦・巨人−日本ハム

1800円の指定席Dで見ていた。セ・パ交流戦が始まって以来、東京ドームでの巨人−日本ハムは皆勤だったりするかも。今日は水泳の北島康介選手(森本稀哲と実家がやたらとご近所だったりする)がエコナビゲーターという肩書きで始球式を務めていた。

日本ハムは1回裏にセカンド田中賢介の記録上はエラーにならないミス2つが立ち上がりの藤井の足を引っ張っちゃったようでいきなりの4失点。極めて致命的な4失点ではあったんだけど、その後日ハム中継ぎ陣が頑張ったのか巨人がとどめを刺せなかったからなのかはよくわからないけどゲームが壊れることなくなんとなく持ち堪えて9回まで進んだものの結局は追いつけず。まあ普通な負け方だったすか。今日に限らず糸井のセンター守備は左中間のフェンス際への打球への反応があと一歩速いといいなと思える場面が多いような気がする。

日本ハムは明日先発が予想される「ダ」の付く人が頑張ってくれるといいけど。

|

« 江本純子「空き缶とペットボトル」 | トップページ | [JFL]横河武蔵野FC−ガイナーレ鳥取 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/45247045

この記事へのトラックバック一覧です: [交流戦]読売ジャイアンツ−北海道日本ハムファイターズ:

« 江本純子「空き缶とペットボトル」 | トップページ | [JFL]横河武蔵野FC−ガイナーレ鳥取 »