« ユニバーシアードサッカー日本代表 | トップページ | [サテライト]横浜F・マリノス-ヴァンフォーレ甲府 »

2009.06.12

鹿島田真希「ブルーノート」

早稲田文学 2号早稲田文学 2号
早稲田文学会 篠山 紀信


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

早稲田文学2』収録の小説。大学院生である女性のわたしが一人称で語るモノローグで進行。登場人物は私の他に(男性の)恋人の精神科医のあなたと(女性の)恋人の葉菜が出て来て、わたしがあなたと葉菜をくっつけようとしたりなんかする謎の展開。絶望に包まれたわたしが実家に帰り母親と再開、幼い頃のことを思い出すというお話。

鹿島田真希って作家は今までそれほど読んだわけではなくて今ひとつ作風つかみ切れていない部分もあるんだけど、耽美で繊細+多少理不尽なわけのわからなさ(人間の精神状態の極限に挑戦するような局面が多いような気がする)って感じの持ち味なのかしらね。

|

« ユニバーシアードサッカー日本代表 | トップページ | [サテライト]横浜F・マリノス-ヴァンフォーレ甲府 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/45320247

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島田真希「ブルーノート」:

« ユニバーシアードサッカー日本代表 | トップページ | [サテライト]横浜F・マリノス-ヴァンフォーレ甲府 »