« Tweets on 11 March 2010 | トップページ | カリフォルニアバーガー »

2010.03.12

AC/DC@埼玉スーパーアリーナ

埼玉スーパーアリーナ

AC/DC来日公演ポスター

AC/DCを見るのは1991年夏のニューヨークのマジソンスクエアガーデン(LAガンズが前座だった)&英国ドニントンパークでのモンスターズ・オブ・ロック(ブラック・クロウズ→クイーズライチ→モトリー・クルー→メタリカ→AC/DC)、2001年の横浜アリーナに続いて4回目だったりします…と軽く自慢をしてみる。(^^; その間のいろいろなこともあっていろいろと思い入れのあるバンドなわけです。

さいたま新都心に早めに着いちゃったんだけど、すでにグッズ売り場は長蛇の列で、アンガスの角(DEVIL HORNSというらしい。2,000円もする。)にちょっとというかかなり惹かれたけど並ぶのはやめといた。開演前の客席は瞬くおびただしい数のDEVIL HORNSが工事現場みたいだったな。(^^;

プロフェッショナルカメラ撮影禁止
カメラの規制が微妙というかずいぶんとおおらかだったみたい。秩父宮ラグビー場と同じくらいなレベルじゃないかという気がするわけで。

一番安い6,000円のスタンドC指定席でさいたまアリーナの本当の最上段、5階の3列目という一番上の席だったけど遠くても正面でなかなか見やすい良席だった。

1曲目の「Rock'N'Roll Train」で泣いてるし>オレ(^^;

花道上がって来たアンガスが帽子を取ってお辞儀をすると頭頂部が…。さらにその後汗まみれになって髪型ぴちゃっとなって結構おじいちゃんになっちゃったんだなと。運動量も前回の来日の時の半分くらいな感じだったけど(明らかに40代と50代の体力の差だよねあれは)それはしれでよし。ブライアン・ジョンソンは「Thunderstruck」で声が出ていなかったみたい。そんなに昔の曲という認識はないんだけどなあ。そいうやオクターブを下げるとアクセル・ローズみたいになるようでそういうものらしい。まあ2人とも変に老いを隠さないところが潔しと感じたわけで。基本的にはいつもとおんなじライブ(マンネリズム万歳!)ということもあって安心して(後ろからポリタンクが飛んでくる心配もないしね(笑))見られたしちょっと猥雑なところが馬鹿馬鹿しくも楽しいライブで大満足だった。

そういやブライアン・ジョンソンが「TOKYO」と言い張っていたな。(^^;

|

« Tweets on 11 March 2010 | トップページ | カリフォルニアバーガー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/47795634

この記事へのトラックバック一覧です: AC/DC@埼玉スーパーアリーナ:

« Tweets on 11 March 2010 | トップページ | カリフォルニアバーガー »