« 西武−日本ハム | トップページ | Tweets on 30 June 2010 »

2010.06.30

西武−日本ハム

日本ハム 01002000004=7
西武   00021000001=4

日本ハム:八木、加藤武、石井、ウルフ、○宮西、武田久
西武:野上、小野寺、藤田、長田、シコースキー、●大沼、松永

本塁打:糸井9号(日)、中島11号(西)、片岡7号(西)、石井義3号(西)

大宮での試合。JスポーツPLUSで見ていた。

見始めた途端の5回裏に八木が片岡に同点ホームランを打たれて、その後スコアが固まっちゃった。両チームの継投は日ハムは宮西、西武はシコースキーが素晴らしかった。

11回表に日ハム打線が大沼をつかまえて、1死満塁の場面で小谷野が2点タイムリーで勝ち越し。その後も陽岱鋼と高橋のタイムリーでもう1点ずつ加えて、クローザーに不安があるので、出来るだ多く点を取りたいところだったのでいいあんばいの4点だった。

11回裏に懸案の武田久が一発を食らうが、その後は抑えて逃げ切り。長いゲームがやっと終了。

ヒーローインタビューは小谷野(逃げたか?(笑))じゃなくて陽岱鋼だった。

|

« 西武−日本ハム | トップページ | Tweets on 30 June 2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/48763277

この記事へのトラックバック一覧です: 西武−日本ハム:

« 西武−日本ハム | トップページ | Tweets on 30 June 2010 »