« Tweets on 4 November 2010 | トップページ | Tweets on 5 November 2010 »

2010.11.05

三田文学創刊100年展

慶應スポーツ置いてあるかなと思って慶應義塾の三田キャンパスに寄ってみたら、慶スポは品切れだった。早慶戦であちらさんの愛校心にも火がついたっぽい。キャンパスで「三田文学」創刊100年展なるものをやっていたので見てみた。図書館旧館二階大会議室で10月25日(月)~11月7日(日)の開催とのこと。無料。

早稲田文学の明治43年5月号が展示されていた。自然主義の早稲田文学に対する耽美主義的雑誌が三田文学なのだそうだ。なるほど。今は個人的印象ではわけのわからないのが早稲田文学(^^;、それなりにわかりやすいのが三田文学って感じだけど。

展示物は永井荷風、上田敏、泉鏡花、与謝野晶子、井伏鱒二をはじめとする日本文学史に名を残すような方々の手書き原稿やら書簡やらが満載ではっきり言ってすごい内容。中でも遠藤周作先生の「三田文学会東京支部宛始末書」ってのがお茶目で最高に効いていた。(笑)

なんだかんだ言って40分くらい見ていた。本当は18時までだったみたいなんだけど、15分くらいオーバーして見ちゃってたみたい。

|

« Tweets on 4 November 2010 | トップページ | Tweets on 5 November 2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/49944776

この記事へのトラックバック一覧です: 三田文学創刊100年展:

« Tweets on 4 November 2010 | トップページ | Tweets on 5 November 2010 »