« すき家「冬の感謝祭」 | トップページ | Tweets on 10 December 2010 »

2010.12.10

毛皮族『小さな恋のエロジー』@駅前劇場

下北沢駅前劇場

毛皮族「小さな恋のエロジー」@駅前劇場

毛皮族10周年記念公演
小さな恋のエロジー
(19時・下北沢駅前劇場)

台本・演出/江本純子

出演/町田マリー、柿丸美智恵、羽鳥名美子、高野ゆらこ、延増静美、高田郁恵、江本純子、金子清文、富岡晃一郎

初日に行ってきた。桟敷席最前列。座蒲団の上にビニールのレインコートが置いてあった。液体が飛んで来る可能性があるかもしれないとのこと。(^^;

簡単にあらすじが説明できないストーリーがなんかいかにも毛皮族っぽいと思うわけで、それはそれで好きだ。あと、各論ではダイアログの部分が劇団、江本純子を経ての進化というかその手の展開しかたのツボをおさえたっぽい印象がある。

序盤から羽鳥さんがいきなりドバッとほぼ丸裸状態になったりしていたんだけど、マリーちゃんはなんか露出控えめ。事務所(ゴーチ・ブラザーズ)の方針とかそういうのかと思ったけど、本編が終わった後のKARAの「ミスター」ところ(和服で踊ってた)ではドバッと露出していたのでそういうわけではないのかな。マリーちゃん適度に狂気を含んだ役割で、流石ジュンリーって感じの脚本。でも確かに江本の脚本では声が枯れそうではあるけど。

そういやレインコート、念のために後ろ前で着ておいたんだけど、本編終盤に液体が飛んできて見事Good job!…かと思ったんだけど、帰ってきてワイシャツを見たらばっちりシミがついていた。(^^; ドンマイ。シミ抜きシミ抜き。

富岡晃一郎ってのはゴーチ・ブラザーズ所属の役者さんなのですね。いつも出ていて妙に馴染んでいる金子さんとは違ってちょっと異質な雰囲気でそれも良し。

|

« すき家「冬の感謝祭」 | トップページ | Tweets on 10 December 2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/50266112

この記事へのトラックバック一覧です: 毛皮族『小さな恋のエロジー』@駅前劇場:

» 【演劇】毛皮族『小さな恋のエロジー』 [【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog]
「劇団、江本純子」で、そのセリフ劇の才能にワタシも注目した江本純子氏率いる「毛皮族」の10周年記念公演『小さな恋のエロジー』を観劇(12月12日・下北沢駅前劇場)。 劇団のプロ [続きを読む]

受信: 2010.12.13 17:49

« すき家「冬の感謝祭」 | トップページ | Tweets on 10 December 2010 »