« [関東女子サッカーリーグ]日テレ・メニーナ−筑波大学 | トップページ | ロッテ−日本ハム »

2011.07.04

芥川賞/直木賞候補作品

芥川賞候補作品》
石田千「あめりかむら」(新潮2月号)
戌井昭人「ぴんぞろ」(群像6月号)
円城塔「これはペンです」(新潮1月号)
水原涼「甘露」(文學界6月号)
本谷有希子「ぬるい毒」(新潮3月号)
山崎ナオコーラ「ニキの屈辱」(文藝夏号)

本谷有希子の作品は2月に読んでいるのだが、なにせ5ヶ月前ということもあってオチはおろかどういうあらすじだったかも忘れている。(苦笑) でも感想文を読み返す限りは本谷の優れた戯曲を見た時に匹敵するインパクトがあったみたいだ。

円城塔はTwitter( これとかこれとか)やtumblr.も面白いよ。

山崎ナオコーラもノミネートされていて、今さらながら今日会社帰りに文藝夏号を買ってきた。

直木賞候補作品》
池井戸潤「下町ロケット」(小学館)
島本理生「アンダスタンド・メイビー」(中央公論新社)
高野和明「ジェノサイド」(角川書店)
辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」(集英社)
葉室麟「恋しぐれ」(文藝春秋)

島本理生は芥川賞に最終で落ちまくっている間に直木賞枠の人になっちゃったようだ。

|

« [関東女子サッカーリーグ]日テレ・メニーナ−筑波大学 | トップページ | ロッテ−日本ハム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/52122044

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞/直木賞候補作品:

« [関東女子サッカーリーグ]日テレ・メニーナ−筑波大学 | トップページ | ロッテ−日本ハム »