« パルコ・プロデュース公演「クレイジーハニー」 | トップページ | ベレーザ後援会の会員証 »

2011.08.07

落語協会圓朝まつり2011

圓朝まつり2011

圓朝まつり2011

10時頃着いて、奉納落語会の入場券を引き換えて福扇を買おうと思って並ぼうとしたら列がべらぼうに長かったのであっさり挫折。そのへんをぶらぶらしていたら春風亭ぽっぽちゃんが横を通り過ぎて、何人かでタクシーに乗って行ってしまった。昼の部の前座仕事のために鈴本演芸場に向かったっぽい。ありゃりゃ。

扇子お焚き上げと開会宣言を見た後に福扇の様子を見たら列がはけていて、楽に購入出来た。福扇クジは特別賞(末等)で三遊亭圓窓師匠の色紙が入っていた。

奉納落語会第一部
「昔の名前で出ています−志ん生がつけていた芸名−」
(11時半)

隅田川馬石「安兵衛狐」
柳家甚語楼「狸賽」
古今亭志ん馬「たがや」
金原亭馬生「死神」

第一部は古今亭志ん生がつけていたことのある芸名をつけている噺家さん4人が登場。馬石さんは2007年に【名跡が復活した新真打】ということで出演しての二度目の登場。珍しい名跡を使っていてトクをした形らしい。出演者4人、仲入りなしで65分ということで、なんとなくテキパキ感のある落語会だったか。馬生師匠の「死神」はロウソクに火を移し終わった後に死神を追っ払うためにフッと息を吹いたところで消えちゃうというサゲだった。

ゴミ隊パフォーマンスや柳亭こみち・柳亭市馬歌謡ショーを見た後に幽霊画一般公開(五百円)を見た。立呑屋文左衛門でホッピーを買って、寄席のトリで買ったいつものフランクを肴にして飲む。冷たくてウマイ。あと公式ガイドブックに隅田川馬石さんと古今亭菊之丞さんからサインをいただいた。

その後圓朝まつりをちょっと中抜け、道灌山下のところの古書ほうろうさんに顔を出してみた。店にいる間に急な激しい雨が降ってきて、結果的にいい雨宿りをさせていただいたことになる。本2冊(島本理生さんの小説と北尾トロさんの裁判モノ)を購入した後に全生庵に戻って小雨の中グランドフィナーレ&住吉踊り。古今亭志ん五師匠追悼の歌謡ショーでいきなり古今亭菊之丞師匠が出てきたのはうれしいサプライズだった。ちなみに今回のような形式での圓朝まつりは10回目の今回が最後になるそうで、それはちょっと残念。

終わった後は台東区循環バスの東西めぐりんで浅草回りで帰って来たんだけど、ずいぶんと細い道を攻めるね。

|

« パルコ・プロデュース公演「クレイジーハニー」 | トップページ | ベレーザ後援会の会員証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/52419508

この記事へのトラックバック一覧です: 落語協会圓朝まつり2011:

« パルコ・プロデュース公演「クレイジーハニー」 | トップページ | ベレーザ後援会の会員証 »