« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012.09.30

[練習試合]早稲田大学ア式女子−スフィーダ世田谷@東伏見

早稲田大学ア式女子 7-4(2-0,4-1,1-3) スフィーダ世田谷

<得点>
早稲田:渡井、大宮2、小野田、小林3
S世田谷:田中麻、内山3

当初11時50分頃キックオフ予定が11時半に繰り上げになったそうで、11時26分に東伏見駅に着いて11時29分くらいにグラウンド着。ギリギリ間に合った。

序盤は主導権の握り合いというような印象でそれでも徐々にア女がペースを握るようになったのかな。スフィーダの長澤優芽ちゃんは相変わらずなかなかシュートが決まらないなぁ。(^^; あとスフィーダでは左サイドバックの岡田が集中的に厳しく指導されていたみたい。川邊監督があそこまで厳しい物の言い方をするのは珍しいような気がするのでおそらくそれだけ期待されているということかと思う。

28分に左サイドに流れた八木からのパスをゴール前で受けた渡井が決めてア女が先制。31分に右サイドの笹子から出たパスに石渕が飛び込んだけどこれは合わず。1本目終了間際の45分に渡井の右CKを大宮(だと思う)が決めて追加点。

2本目開始直後の2分に八木の右CKを2本目から途中出場の小野田がヘッドでふわっと決めて追加点。19分には南からのパスを一原がポストで後ろに送って大宮がズドン。

スフィーダは24分に田中麻里菜を前線に上げるパワープレーを仕掛けてきたんだけど、これがあっさり実って(^^;25分に麻里菜が1点を返す。田中麻里菜は突出した素晴らしいタレントだということを再認識。

ただしその後は再び早稲田がペースを握って29分に正野のドリブル&パスから小林が豪快に決めて、42分にも千葉望のパスを再び小林が決めて突き放した。終盤に松川のところに再三チャンスが回ってきていたんだけどこれは決められずだったけど。今年のア女はそれほど強くないのかと思っていたのだが、そうでもないのかもと思えるようになってきたけどでもよくわからないや。(^^;

2本目までがレギュラークラスで3本目はア女では育成リーグ系、スフィーダもバックアップメンバー主体だったみたい。立ち上がりにガツンと右サイドを突かれたと思ったら右サイドがおとなしい立ち上がりになっちゃったような印象。スフィーダの内山朋香に3ゴールを許してしまったものの(結果的には3つとも左サイドを崩されてのものだったかな?)、43分に松川→小野寺とつないで小林がズドンと決めて、今気がついたのだが(^^;密かにハットトリックだったっぽい。

そういえば千葉梢恵はセンターバックで45分×3本全部フル出場だったのかな。おつかれっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.27

日本ハム−ロッテ

ロッテ  000010000=1
日本ハム 20000100X=3

日本ハム:○多田野、宮西、森内、増井、S武田久
ロッテ:●成瀬、中郷、伊藤

本塁打:糸井(日)、稲葉(日)

GAORAで視聴。初回の日本ハムの先制点は糸井のホームランだったらしい。多田野が5回表に1死満塁から岡田に犠牲フライを打たれて1失点を喫したものの、その後はホールド王が危なっかしいピッチングだったりしたけどリリーフ陣がきっちりゼロに抑えて勝利。

この試合でホールドポイント王確定の増井と3点目のホームランを放った稲葉がヒーローインタビューだったんだけど、増井がしゃべっている時に栗山監督が涙ぐんじゃっていて、今この時点で泣いちゃってどうするんだいみたいな感じはしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.25

日本ハム−ロッテ

ロッテ  0010100100=3
日本ハム 1020000000=3

日本ハム:武田勝、モルケン、宮西、石井、増井、武田久
ロッテ:大谷、中郷、南昌、益田、薮田

本塁打:里崎(ロ)、ホワイトセル(ロ)

GAORAで見ていた…というほどはちゃんと見ていなくて、GAORAつけながら聞いていたみたいな感じか。

3回表にいったん追いつかれたものの基本的に日本ハムリードの展開で、逃げ切れるかなと思ったのだが、8回表に石井がホワイトセルに一発を食らって同点。続く9回表の増井、10回表の武田久もかなり危なっかしいピッチングながら命からがら無失点に逃げ切った形で、最後は負けなくてよかったかな的な引き分けだったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.23

[なでしこリーグ]浦和レッズレディース−ジェフ千葉レディース@駒場

浦和レッドダイヤモンドレディース 2-0(1-0,1-0) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

<得点>
【浦和】後藤(前半34分)、荒川(後半6分)

東伏見から車で送っていただいたらギリギリに到着。チケット引き換えて、おトイレ済ませて、メインスタンドアウェイ寄り上段に雨のしのげる席を見つけて座った瞬間にキックオフ。ちょうどよかった。この場を借りましてありがとうございました。

高畑と岸川がセンターバックだった。立ち上がりから浦和が攻め込んで千葉がしのぐという試合展開で推移。千葉が集中を切らさずに守っていて、いやー、頑張っていたんだけど、34分に浦和が斉藤→庭田とつないだボールを後藤三知が見事なボレーを決めてこじ開けた。

後半に入って千葉が押し込む時間帯があったんだけど、その瞬間千葉は前がかりになっていたのかガンちゃん(荒川恵理子)が抜け出て落ち着いて決めて追加点。千葉にとってはとてつもなく遠い2点差のような気がした。後半24分の細川元代の右CKからのポスト直撃は惜しかったけどな。

高畑志帆がPlayer of the Matchに選出されてなんかもらっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[関東大学女子サッカーリーグ]早稲田大学−武蔵丘短期大学@東伏見

早稲田大学 4-1(1-1,3-0) 武蔵丘短期大学

<得点>
【早】権野(前半45分,後半2分)、瀬口(後半16分,後半38分)
【武】佐々木(前半30分)

降り続く雨の中で人工芝のところどころに水が溜まってボールが転がりにくいコンディションでのゲーム。思うようにボールコントロールが出来ずに苦労しつつも何本かシュートまでは行っていて中には惜しいのもあったんだけど、前半30分にムサタンの佐々木繭が左サイド角度ないところから打ったシュートを早稲田GK鈴木が弾いてゴールマウスに吸い込まれた。ムサタンが先制。ちなみに佐々木も鈴木もメニーナ出身。

早稲田にとってこのピッチコンディションでのビハインドはキツイんじゃないかと思ったのだが、前半終了間際に瀬口からのパスを受けた権野がゴール左から決めて同点に追い着いての折り返し。価値ある同点弾だったと思う。

後半立ち上がりには右に流れた八木からのクロスをファーサイドから権野が走り込んで点で合わせてズドン。逆転。後半16分には八木からのパスを受けた権野が上げたクロスを瀬口が決めて3点目。後半38分には後半から途中出場していた正野の粘ってチャンスを作り、最後は権野から出たパスを瀬口がGKもかわして流し込んで4点目。今日は権野が4点全部にからんでいたのだな。今ごろ気がついた。(^^;

ピッチコンディションを考えるともっと渋いスコアになるのかと思ったのだが、早稲田にとっては予想以上の大漁という結果だったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.20

iOS6

明け方にリリースされてたようで、イーモバイルのPocketWiFi経由でiPod touchにインストールしてみたら、4時間近くかかった。ゆっくりだったので途中止まっちゃったかと思ったよ。

アップデート直後に写真を開いてみたらカメラロールが空で消えちゃったかと思って、あーバックアップ取ってからにするべきだったよなーと思ってたら、間もなく復活して見られるようになった。やれやれ。

ユーザーインターフェイス的には旧バージョンのiOS5との大きな違いをまだ見つけられていない。現時点では基本的に何が違うのだ?…みたいな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.09.19

美るくの会@落語協会2階

三遊亭美るく「元犬」
三遊亭ございます「誕生祭」
三遊亭美るく「反対俥」

18時半開演で観客20人超のほどよい入り。今日は圧倒的に男性が多くて女性はたぶん2人だけだった。いわゆるホーム的なリラックスした雰囲気の高座で、おそらく今まで見た中でいちばんいい表情で演じていたのではないかな。美るくさんは見るたびに上手になっているような気がする。

「反対俥」は前座のございますさんと組んでの手の込んだ二段落ち。たまには緩急をつけて一発で落としちゃってもいいような気もしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.18

日本ハム−オリックス

オリックス 000100100=2
日本ハム  11003001X=6

日本ハム:○武田勝
オリックス:●小松、吉野、比嘉、山田

本塁打:糸井(日)、ホフパワー(日)、李(オ)

GAORAで見始めたらすでに2点リード。糸井とホフパワーのホームランとのこと。

今日は武田勝が安心して見ていられるピッチングで、5回裏に稲葉と小谷野のタイムリーで追加点、8回裏には糸井がダメ押しっぽい追加点を決めて盤石の勝利だったような。

武田勝は102球での完投勝利でこの試合をピッチチャー1人でまかなえたのも大きいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月18日

PUFFYの大貫亜美さんのお誕生日。成人式2巡目まであと1年です(^^;

アミゲに公式声明が出ていて「色んな意味で…サンキューです!」とのこと。なるほどなるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.16

関東大学サッカーリーグ@ニッパツ

国士舘大学 2-1(0-0,2-1) 流通経済大学

後半25分くらいに着いたら国士舘がリードしていた。いったん流経が追いついたんだけど、その後国士舘がゴール前で押し込んでのシュートのこぼれを7番の選手が押し込んで(ちょうどメガネを外しいたところだったのでよく見えなかったんだけどたぶんそうだと思う(^^;)勝ち越した。

早稲田大学 4-3(3-1,1-2) 神奈川大学

13時50分キックオフ。立ち上がりから神大が攻め込む展開で早稲田は防戦一方。GK松澤の好守もあってなんとかしのいでいたけどよくまあ失点せずに済んでいるなという展開。それでもだんだんとMFにはボールが届くようになったかなと思い始めたところの22分に神大のロングボールを山地ヘッドでのクリアが神大の選手の足下に転がってしまいとうとうという感じでの失点。

25分に富山が全線で受けてそこからのボールを野村がシュート、GKが横っ飛びでセーブというのが早稲田のファーストシュートだったんじゃないかな。それでも28分に島田の右CKからの折り返しがルーズ気味になったところを山地が押し込んで自らのミスを帳消しにした形。33分には野村の左CKが神大DFに当たってオウンゴール。早稲田が勝ち越し。39分には富山がものすごく窮屈にシュートを打ったなと思ったらPKの判定。40分、これを富山本人が決めて3点目。

後半9分に神大にミドルを決められて3-2の1点差になったけど、後半24分に野村からのパスに富山が右に開く形で抜け出してゴール前に出したラストパスを榎本が決めてまた2点差に。その後27分に早稲田の選手がペナルティエリア内でハンド?かと思ったら外との判定でちょっとラッキー。そのFK(22番)がクロスバーを叩いてゴールラインを割ったたかと思ったらノーゴールとのこと。このへんなんだか早稲田びいきの笛だったような気がしないでもない。

後半25分には神大11番に抜けだされゴールを決められて4-3となるがその後はなんとかしのぎ切って試合終了。最終的には神大の一方的に攻める立ち上がりからは想像できないようなスコアに落ち着いた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.09.06

鈴本演芸場・夜の部

鈴本演芸場・夜の部

桂文楽「替わり目」
柳家権太楼「家見舞い」
<お仲入り>
柳家紫文 三味線漫談
柳亭市馬「狸の恩返し」
翁家和楽社中 太神楽曲芸
桂ひな太郎「船徳」

圓朝まつりの福扇で当てた招待券(9月20日までなんだけど、11日〜20日は夜の部入れなかったりとそれなりに制約多し)の期限が迫ってきたので会社帰りに行ってきた。鈴本の定席に行くのは震災の二日後以来だったりするかも。

18時50分過ぎに到着。もぎりのところ紙切りの一楽師匠が立ち話をしていた。客席に着いたのは文楽師匠の噺の途中。天気が不安定だしすいてそうだなと思ってたんだけど予想以上にすいていたような。

客席はすいていたけど、トリのひな太郎師匠(今日高座を見るまで存じ上げていなかった(^^;前阪神監督の真弓に似ているのかなと思った)につなぐまでのセットアッパー陣の顔ぶれがが豪華だったりしたと思うわけで、その豪華な顔ぶれを胆嚢…もとい堪能。そういう意味ではとても贅沢だったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »