« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.29

北尾トロ・えのきどいちろう『愛の山田うどん 廻ってくれ、俺の頭上で!!』

4309021476愛の山田うどん ---廻ってくれ、俺の頭上で!!
北尾 トロ えのきど いちろう
河出書房新社 2012-11-21

by G-Tools

突然降って湧いたような山田うどんの再評価本。一気に最後まで読もうかと思ってたんだけどなんだか途中からもったいなくなってじっくりモードにシフトして読んだ。トロさんとえのきどさんのワンツーパスみたいな形での進行なんだけど、お二人の文章がとても親和性がいいのである。読んでいてとても心地良い。そんでもってネタバレになるから書かないけどこの「マジすか?」的な見事なエンディングはまさに平松洋子さんの言うところの「この本で泣けなくてどうする?」である。

レポTVでトロさんが山田のことを言い始めてから季刊レポで二度の特集をやってそしてこの本が出来上がるまでずっとウォッチ、あと等々力競技場のゴール裏看板写真とか浅草店閉店とかほんのちょっとだけ関わったりもしていたので、客観的な評価は出来ないけど、いい本に仕上がったということは間違ないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早稲田大学スポーツ科学部2013年度スポーツ自己推薦入学試験合格者(ラグビー関係)

では党首のリクエストにおこたえしてラグビー編。

山崎海(LO・桐蔭学園高)
江副希典(FL・佐賀工業高)

以上2名が載っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早稲田大学スポーツ科学部2013年度スポーツ自己推薦入学試験合格者(サッカー関係)

日曜に国立競技場近辺で配布される予定の早スポの早明ラグビー号を入手してきました。

スポーツ科学部のスポーツ自己推薦入試合格者が載っておりまして、サッカー関係は以下のとおりのようです。

《男子》
樫尾和明(DF・名古屋グランパスU18)
冨澤右京(DF・桐蔭学園高)
平澤俊輔(DF・JFAアカデミー福島)
小林大地(MF・流通経済大柏高)
佐藤飛天(MF・清水エスパルスユース)

《女子》
山田紅葉(GK・十文字中高)
下山田志帆(DF・十文字中高)
田中康子(DF・常盤木学園高)
内山穂南(MF・十文字中高)
栗島朱里(MF・浦和レッズレディースユース)
福井菜月(MF・常盤木学園高)
松浦渚(MF・常盤木学園高)
宮沢里彩(MF・FC岐阜BELTA)
杉森愛希(FW・十文字中高)

所属チームはググって調べたものです。もし間違いなどありましたらごめんなさい。ちなみに今年は「ゲキサカ」ってのがトップにヒットすることが多かったです。

また後で修正・追記などするかもしれないです。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.27

AC/DC『Live at River Plate』

B009B0L324Live at River Plate
Ac/Dc
Sony 2012-11-20

by G-Tools

AC/DCにとっては20年ぶりのライブ盤らしいのだが、基本的に前回のライブ・アルバム(この時のツアーはニューヨーク公演と英国ドニントン(モンスターズ・オブ・ロック)で見ている)とあまり変わらなというところがAC/DCのAC/DCたるゆえんのような気がする。このブレなさは山田うどんに共通しているような気もする。(^^;

それにしてもアルゼンチンの観客の声援がすごいのなんの。なんかサッカーの応援っぽいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.26

salmon cooks U-zhaan『Tabla, Tabla & Tabla』

$Experiment IV

salmon cooks U-zhaan『Tabla, Tabla & Tabla』

「タブラの音だけを使用してオーガニックな独自のテクノサウンドを追求し続けるユニット」とのことで、全27曲ノンストップミックスで1時間32分4秒。CDには収まり切らない長さ。

テーマとかストーリー性とかコンセプトとかそういう類の事柄は無縁のようで描写のみが延々と続くようなある意味純文学的なテイストが癖になりそうではある。まあ90分越えってのはやり過ぎだとは思ったけど、逆にやり切った感もあるのではないかとも思う。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.24

[J1]コンサドーレ札幌−横浜F・マリノス

コンサドーレ札幌 0-2(0-1,0-1) 横浜F・マリノス

得点:齋藤学2

    マルキ−ニョス
  齋藤  俊輔  兵藤
     熊谷 中町
ドゥトラ 中澤 栗原 小林
      飯倉

札幌ドームでのゲーム。スカパー!の中継で見ていた。

マリノスは飯倉が久しぶりの先発。榎本哲也が故障らしい。中澤は通算400試合出場とのこと。

立ち上がりからマリノスが主導権を握っていて、33分にフリーキックの流れから右サイド(栗原勇蔵だったみたいだ)からボールが入って、これを齋藤学がヒールで流してマリノスが先制。前半終了間際にマルキーニョスが足を傷めて、ハーフタイムで交代しちゃったのがちょっと心配。

後半はマルキーニョスに代えて小野が出場。50分に兵藤からのくさびのパスを受けた学が放ったシュートが決まって2点目。学はJ2っぽいチームに強いのかもしれない。(^^; その後もマリノスが主導権を握る展開。残り10分くらいになってから札幌が押しこむ時間帯もあったけど守り切れる範囲内の攻撃だったような印象。

札幌は3バック中央、途中から中盤にまわった河合は目立っていたんだけど、いかんせん攻撃が組み立たず、ワントップの大島になかなかボールが届かないような印象だった。終了間際に中山雅史が登場、今シーズン初出場とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.23

山田うどん祭@阿佐ヶ谷ロフトA

20121123asagaya

阿佐ヶ谷ロフトAで昼に行われた「季刊レポ」プレゼンツ「愛の山田うどん~廻ってくれ、俺の頭上で!!」出版記念 第1回 山田うどん祭に行ってきた。

12時開場。早速本を購入。北尾トロさんとえのきどいちろうさんのサイン本。消費税分はサービスだったようで1,400円だった。13時開始予定だったんだけど、12時半にボニー・アイドルが登場。前説ということでランチジャーの話などなど。10分くらいたったところでえのきどいちろうさんが登場して、面白くないからということで中断。(^^;

13時にラストワルツのテーマとともに北尾トロさんとえのきどいちろうさんが登場して本編スタート。ラストワルツのように次々とゲストを招き入れて話を聴くというスタイルでテキパキと展開。流れ的にはこんな感じだったかと。

下関マグロ
本橋信宏
伊藤佳子(文化放送アナウンサー)
米谷テツヤ(アートディレクター)
武田浩和(河出書房新社)
<レポTVダイジェスト>
石原壮一郎
平松洋子
<休憩>
ホンボウさん(山田1号)
タジマさん(山田うどん総務)
エハシさん(山田うどん)
ミヤケさん(山田うどん工場長)
山田社長

平松さんの「『今出来』のものではない」、「この本で泣けなくてどうする?」、山田社長の「カロリーのK点越え」ってのがハマった。最後は「山田うどんバンザ〜イ三唱で終演。いいイベントだった。

トリスハイボールを5杯も飲んでしまって、家帰ってきてから酔いが回ってきてひと眠り。さっき起きた。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.20

二の酉

午前0時の一番太鼓に行って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.19

熊手!

熊手

間もなく二の酉です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.18

[練習試合]早稲田大学−JFAアカデミー福島@東伏見

早稲田大学ア式蹴球部 2-4(1-2,1-2) JFAアカデミー福島

14時59分キックオフ。早稲田はBチームでIリーグっぽいメンツ。開始直後に早稲田がアカデミーのゴール前にラッシュ、ごちゃごちゃになったところを山下翔平がかっさらってゴール。開始から30秒かからなかったのではないかな。

アカデミーはU18トップという一番上のカテゴリーのメンバーだったらしくてなんか良かったな。パスの一本一本が野球のピッチャーで例えるとキレがいいような感じで、小気味良くて折り目正しいサッカー。かなり圧倒的に攻められて26分に右サイドハーフ19番からのクロスをファーで受けた左ハーフの10番がコントロールして決めてあっさり同点に。早稲田はなかなか敵陣に入ることが出来ない。前半終了間際には正面からのFKを23番(左SB)に決められてアカデミーが勝ち越し。

後半はちょっとモードが切り替わったのか、前半よりは良くなっていたような気がする…と思ったのだが、18分にゴール前でのパス回しから決められて(19番?)点差が広がる。後半28分に市村一貴が自ら得たPKを決めて2-3になったんだけど、34分に右SB・7番からのクロスからのこぼれを19番に決められた。

終盤ちょっと攻めていたんだけど、それ以上スコアは動かず。ほぼゲーム内容が反映された結果に落ち着いたような気がした。

練習試合結果(vsJFAアカデミー福島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[練習試合]早稲田大学ア女−Forza‘02@東伏見

早稲田大学ア女 1-0(1-0,0-0,0-0) Forza‘02

昨日の豪雨とうってかわってものすごくいい天気。サッカー場はいつの間にか観覧席の木材が新しくなっていてびっくり。

同門対決。東伏見ダービー。(笑) 12時28分キックオフ。35分+35分+グランドの都合で)25分。スピードとかパワーは別として、体格的には全体的にア女の方がちょっと大きかったのかな。

1本目は比較的ア女が主導権を握ることが出来ていて、17分に山本のパスを受けた小林がふわっと浮かせたゴールを決めて先制。全体的には中央から崩していこうとする攻撃パターンが多かったような印象。もっとサイドを使ってもよかったのかなという気はした。

2本目は攻撃があまり機能せず。ゴール前の手数ではForzaの方が完全に上回っていたと思う。ア女はよく失点しなかったなという感じ。

3本目は本当は35分の予定だったみたいなんだけど、グラウンド使用時間の都合で途中から25分に短縮。3本目に入ってア女もForzaもちょっと焦点ぼやけたような感じで残念ながら両チームとも全体的に低調な印象だった。

戦場カメラマンO
戦場カメラマン「O」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.17

[関東大学アイスホッケー]明治大学−早稲田大学@新横浜SC

明治大学 6-4(1-2,2-2,3-0) 早稲田大学

日産スタジアムから移動、まだ始まっていなかった。16時24分フェイスオフ。

開始2分に早稲田のキャプテン高橋涼がパスミス。ゴール前の明治の選手にパックを渡してしまいそれを決められてのイヤな失点での立ち上がりではあったんだけど、1ピリのうちに坂本(サッカーのヒールパスみたいなシュートだった)と平田がゴールを決めて逆転。

2ピリも早い時間にパワープレーで三浦が追加点を決めて点差を広げる。リバウンドを決められて再び1点差とされるが、4人対3人の場面で羽刕(うしゅう)が決めて決まりかと思ったんだけどなあ。明治の個人技から失点をして1点差で迎えた3ピリは明治が完全に圧倒される。それでも失点は許さなくてうまく逃げ切れるかなと思った残り3分11秒に同点弾を許してしまい(パスミスだったな)、その7秒後にミドルを決められ、その13秒後にも決められて20秒間で3失点という大逆転負けという結果になってしまった。うーむあまりにも劇的な逆転負けだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[J1]横浜F・マリノス−柏レイソル@日産スタジアム

横浜F・マリノス 1-2(0-1,1-1) 柏レイソル

雨の日ランドでマグロ解体ショ―とトリコロールマーメイズを見た。マグロマグロ解体ショ―はよく見えんかったけど。

その後トリコロールワンのナンバーグッズSALE(30%OFF)で天野っちのストラップと携帯クリーナーとテディベアを買った。選手会のメンズボクサーパンツがサイズXSとかものすごく小さいのしかなくて、入場後にスタジアム内の売店を見て回ったらメイン側の売店にちょうどいいサイズがあったので購入。1,300円。その後また雨の日ランドに戻ってCHURU-CHUWのライブを見た。スタジアム内に戻ろうかと思ったらものすごい雨。

強くなったり弱くなったりはしていたがそんなものすごい雨の中でのゲーム。日産スタジアムって水はけはいいはずなんだけど、それでも水すごいしぶきが上がっていてボールコントロールしにくそうだった。開始8分の中澤のゴールラインギリギリでのクリアはヒヤヒヤだった。前半13分の失点は柏の左サイドからのFKをスラされたのかなと思ったらオウンゴールだったみたいだ。マリノスも結構チャンスは作っていたんだけど。特にロスタイムのドゥトラは決めて欲しかった。

後半立ち上がり3分に柏の右サイドからのボールをレアンドロドミンゲスに決められて点差が2点になって厳しい状況に。後半12分に金井のクロスを中町が決めて(記録は柏の選手のオウンゴールだったみたいだ)1点差にして、その後は結構攻めて、43分には右サイドに流れたマルキのクロスを小野がヘッドで合わせるがクロスバーに嫌われる。

最後に持ち前の引き分け力(^^;を見せてくれることを期待したのだが、残念な結果だった。まあ、面白いゲームではあったとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.16

シャンパンツリー

東京スカイツリー

もみの木をイメージしたスカイツリーをシャンパンゴールドの光が彩るクリスマス限定ライティング…だそうで、R.G.W.な配色のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.15

早稲田大学2013年度スポーツ推薦入学試験合格者

新井純平

2013年度スポーツ推薦入学試験合格者一覧(早稲田大学スポーツ科学部)

ア式的には浦和レッズユースキャプテンの新井純平君ゲットみたいでよしよし。右DFの選手ですよね。浦和ユースは中村シュンスケ君も来てくれたらなおよかったんだけど。(^^; 武南高の中山雄希君ってのは大宮アルディージャユースの子なのかな。武南で早稲田というと真っ先に上野良治が浮かんじゃうんだけど。

最近女子サッカーはユース世代はほとんど見ていないので日ノ本の川原奈央さんってよくわからないやと思ったんだけど、1月に市原臨海で個人技からのゴールを見ているみたいだ。思い出せない。(^^;

皆さん頑張ってください。期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.13

なでしこリーグ新人賞

今日行われたなでしこリーグ表彰式で浦和レッズレディースの高畑志帆(早稲田大学ア式女子前主将!)が新人賞に選ばれたそうで、おめでとうございます!いやー、なんかうれしいな〜。

浦和高畑が新人賞「励みに」なでしこL(日刊スポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.12

Purbayan Chatterjee × U-zhaan「まる・びはーぐ」

Rage Maru Bihag

サンプルを聴いたら本当に音がキラキラしていたので思わずダウンロードしてしまった。本秀康さんという方のジャケットの絵がカワイイところもポイントが高い。ちなみに「収益は全て震災の支援金になります」とのこと。

ジャンル的には純インド音楽なのかしら。iTunesではWorldって出てくる。確かにジェケットの孔雀じゃないけど、音が鮮やかな色彩を持っているような印象を受けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.11

下北沢440ランチライブ

勝井祐二(Violin)+U-zhaan(Tabla)+大宮エリー(Violin)

下北沢440(four forty)でのランチライブ。12時半開場で13時半開演。チケットは前売/当日2,000円+ワンドリンク500円。今日は栄えある整理番号1番で会場前に並んでいたらユザーンとエリーさんと勝井さんが出てきて下北沢駅前方面に向かった。丸亀製麺にうどんを食いに行っていたらしい。(笑)

勝井祐二(バイオリン)+ユザーン(タブラ)のユニットに大宮エリーが加わってのダブルバイオリン編成での即興演奏。エリーさんは曲の途中で勝井さんにエレキバイオリン(5弦)を渡されたりなんかしてたけど、ちゃんと弾けちゃうからすごいなと思った。

アンコールも含めて1時間ちょっとの演奏。リラックスした楽しいライブだった。もっと混雑するものかと思ってたんだけど、会場のキャパとちょうどいいくらいの観客数だったと思う。楽しかった。

帰りに黒川食堂(おしゃれなカフェだったりする)で鶏から揚げ定食を食べている間に雨が降っていた。折りたたみ傘出動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.10

[Iリーグ]早稲田大学−流通経済大学@東伏見

早稲田大学ア式蹴球部B 4-2(1-1,3-1) RKU②

前半20分くらいに到着。観覧席が満席状態で何事かと思ったら、ほとんどが部員(Aチーム含む)だったみたいだ。AチームがBチームに声援を送るってのはいいよね。そういえば小山大樹がいたわけで一日で横河武蔵野の小山大樹と早稲田大学の小山大樹を見たことになる。(^^;

順位決定リーグ(上位リーグBブロック)の最終戦なのかな?着いた時には1-0で早稲田がリードしていた。25分に失点して同点に追いつかれるが、基本的に早稲田のペースで宮本のシュートがクロスバーを直撃したりと内容では圧倒出来ていたと思う。

後半2分に早稲田の右からのアタックから竹谷が決めて勝ち越し。8分には市村からのパスを宮本がズドンと決めて、直後の9分には原が抜け出て立て続けの2得点。

ロスタイムの最後の最後に流経にシュートの跳ね返りを押し込まれて失点を喫したものの、基本的には安心して見ていられるゲームだった。

早稲田は1勝2分けでブロック2位ちゅうことでいいのかな。この先にまだ何かあるのかな。いまいち仕組がわかってなかったりする。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[JFL]横河武蔵野FC−ホンダロックSC@武蔵野陸上

横河武蔵野FC 0-1(0-1,0-0) ホンダロックSC

得点:猿渡(31分)

10時半からのOB戦は早起きできなくて見なかったんだけどどんな試合だったのかな。ムサリクに着いた時に客席に発明王エジソンがいたよ。

立ち上がりから横河武蔵野がキビキビとしたいいサッカーをしていたんだけど、肝心のゴールをなかなか決めることが出来ない。26分に林のミドルシュートがクロスバーを直撃した後あたりくらいからホンダロックの時間帯になって、31分にホンダロックのコーナーキックから始まった流れで左から速いクロスをゴール前に入れられて、それを右サイドバックの猿渡に決められて失点。

その後は再び横河武蔵野ペースになって結構ゴール前に迫るのだが、特に前半終了間際の猛攻は迫力あったんだけど、いやー、ここで決められなかったのが大きかったかな。

後半も横河武蔵野が再三チャンスは作ったんだけどフィニッシュを決めきれず。ホンダロックに前半の虎の子の1点をLockされて逃げ切られてしまった。

ホーム最終戦セレモニ(金守貴紀キャプテン、依田博樹監督、井草直人代表あいさつ)ーを見て、東伏見に移動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.09

Pink Floyd『Meddle』

B0051C5C82おせっかい
ピンク・フロイド
EMI MUSIC JAPAN 2011-09-28

by G-Tools

さっきTBSラジオの「Wanted!!」でスタン・ハンセンの入場テーマ曲がかかっていたのでラジオの前で「ウィー!」と叫んでいる人も多かったと思う。(^^;

そんでもってこのアルバム1曲目の「One Of These Days」はアブドーラ・ザ・ブッチャーの入場テーマということであまりにも有名。「吹けよ風、呼べよ嵐」って邦題がなおよい。

3曲目が「Fearless」という曲で、曲の最後にリバプールサポーターが歌う本物の「You'll Never Walk Alone」+チャントがサンプリングされていて、大好きです。

LPでいうところの2面をまるごと使った23分半の大曲が「ECHOES」というタイトルなんだけど、辻仁成のバンドの名前の由来だったりもするそうで、そういうのを調べるのにはインターネットって便利です。

この後ピンク・フロイドは名作『狂気』に至るんだけど、なんとなくビートルズが『サージェント・ペパーズ』の前に作った『リボルバー』やイーグルスが『ホテル・カリフォルニア』の前に作った『呪われた夜』と似たような右肩上がりな勢いを感じるんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.07

[J1]ヴィッセル神戸−横浜F・マリノス

ヴィッセル神戸 1-2(0-1,1-1) 横浜F・マリノス

Jスポーツ1で中継してくれていたので、それで見ていた。

マリノスは前線・中盤からいいチェイシングが出来ていたと思うんだけど、なかなかゴールは奪うまでには至らず。前半終了間際の45分に齋藤学のトスバッティングのトスみたいなどうぞ打ってくださいというパスを富澤がスーパーゴールを突き刺して先制。神戸には前半だけで3回も大久保にチャンスボールを献上してんだけどなあ。全部外してくれて助かった。(^^;

後半に入って21分には右サイドで兵藤からボールを受けた金井のクロスをマルキーニョスがきっちり決めて追加点。後ほどこのゴールが大きな意味を持つようになるとは思わなかった。

後半24分に富澤がこの日2回目の警告で退場。これでマリノスはやることがはっきりするのではと思ったんだけど、予想以上に押し込まれまくるかなり絶体絶命的な時間帯が続く。なんとかしのいでいてそれでも終了間際に1点は押し込まれたけど、ロスタイムもうまく逃げ切った。

富澤の退場を境にガラっと試合展開が変わったけど、老獪に勝ち点3をゲットしたちゅう感じだったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.06

Carole King『Tapestry』

B0000258CKTapestry
Carole King
Epic Europe 2010-10-19

by G-Tools

邦題「つづれおり」。あまりにも有名なアルバムで名盤ということは知ってはいたけど未聴という状態だったんだけど、Amazonで694円で売っていたのでこれはいい機会だと思って買って聴いてみた。

さらっと聴き終わってしまってどこも引っかかるところがないような印象だったんだけど(ジャニス・ジョプリンやジミヘンのように命を削りながら音楽をやっている風でもないし)、それでも聴き込む毎にジワジワとハマるスルメのようなアルバムみたいだ。

もともとはじめからちょっと色褪せているよな作りではあるので、年月が経っても色褪せを感じさせないのかな…なんてことを考えてしまう名盤でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.05

中田翔と金子誠のケガ

中田選手再検査の結果(ファイターズ公式)

金子誠選手手術について(ファイターズ公式)

日本シリーズ第2戦初回に澤村にぶつけられた2つの死球、なんか陽岱鋼の方が痛そうだったんだけど(そういえば第4戦での守備中の股間も痛そうだった(^^;)、中田翔の方が重症だったようだ。左手第5中手骨で全治3週間とのこと。そういう素振りを見せずにプレーして、第6戦には3ランホームランをかっ飛ばしてしまったってのがすごいと思う。

金子誠はただ単にまじめに走っていないだけかと思っていたら、そういうことだったのね。すまんす。全治3ヶ月とのことで、こちらは結構長いんだけど、来季開幕には間に合わせて来そう。と同時に若手(と飯山(^^;)にとってはチャンスでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.04

[なでしこリーグ]日テレ・ベレーザ−エスペランサFC大阪高槻@味スタ西競技場

日テレ・ベレーザ 6-2(1-1,5-1) エスペランサFC大阪高槻

立ち上がりから高槻が積極的にアタックを掛けてきてはいたんだけど、気がつけばベレーザがポゼションで圧倒する状態になっていた。一方の高槻は固い守備から奪ったボールをツートップの丸山桂里奈、浜田遥にぶつけるという図式になっていて、それが意外と機能していたような印象。

ベレーザの先制点は23分。センターバックの須藤からのパスを小林弥生→永里亜紗乃→弥生とつないで最後は永里亜紗乃がフィニッシュ。パス回しで崩してというベレーザらしいゴールだったと思う。

その後もベレーザが圧倒していたんだけど、32分に高槻のロングボールの放り込みからゴール前で混戦状態になって、そこで押し込まれて失点。キック&ラッシュを見事決められた。

後半9分にベレーザの右CK、これをファーでたぶん2人ヘッドでつないで最後は亜紗乃がアクロバットな足技でゴール左上に突き刺して勝ち越し。15分にはまたもや亜紗乃ルーズをかっさらってハットトリック達成。26分には木龍ちゃんのインターセプトから亜紗乃を経由して伊藤香菜子が決めて4-1。

一方の高槻は30分に右からのクロスをヘッドで決めて1点を返す。一方のベレーザは原→亜紗乃→田中美南とつないでゴール前でごちゃごちゃになったところを亜紗乃が決めてこの試合4点目の荒稼ぎ。

高槻は直後の後半37分にツートップを二枚替えで、ベレーザは楽になったような気がしないでもない。

ロスタイムには左サイドから小林海咲がものすごいミドルシュートをゴールネットに突き刺して、ほんとにゴール右に突き刺さって止まっちゃってたもんな。すごかった。海咲はなでしこリーグ初ゴールだったはずで、通算ゴール数で中地を越えたことになる。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.02

インフルエンザ予防接種/かきフライセット

会社帰りに行きつけの医院でインフルエンザ予防接種を受けてきた。3,500円。今年のワクチンは注射の時もその後もあまり痛くないみたいだ。いまのところ腫れたりとかもしていない。

かきフライセット

その後、駅前のせんねんそばでイベントメニューのかきフライセット(400円)。(たぶん)揚げたてのカキフライがアツアツでびっくりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.01

日本シリーズ第5戦

巨人   023120002=10   
日本ハム 011000000=2

日本ハム:●吉川、多田野、森内、モルケン、斎藤
巨人:○内海、西村

本塁打:ボウカー(巨)

立ち上がりはテレビ朝日で見ていたんだけど、ストライムが入らずに汲々としている吉川の姿があった。まあそれも吉川か。初回は切り抜けたんだけど、ちょっとヤボ用で外出してラジオで聴きはじめた2回表に第1戦に続いてまたもやボウカーに2ランホームランをかっ飛ばされて、この試合のムードを決めちゃったか。

それにしてもこのシリーズは吉川が通用しなかったな。その後の投手たちもまんべんなく打たれて(当たってないのにデッドボールで危険球退場にされちゃった多田野はとんだ災難だったけど)、第1戦と似たようなテイストのゲームになっちゃった。

これで読売が大手町で(^^;、日ハムが日本一になるとすると7戦目ってことになった。

それにしても今日も試合時間3時間52分。なんなんだろうなこのテンポ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »