« センバツ! | トップページ | 大宮エリー「生きているということ」展@PARCO MUSEUM »

2013.01.26

映画「社長洋行記」

日本映画専門チャンネルでやっていたのを見た。洋行っていうからヨーロッパとかアメリカなのかと思ったら香港だった。香港に行くまでの話が長くて、やっと香港に行ったかと思ったら社長(森繁久彌)が病気(ヘルペス)になってしまい、「アイ・シャル・リターン」と言いながら帰国するというオチだった。

なんとなくただ単に海外ロケをしてみたかっただけのような気がしないでもない。(^^; まあ「続社長洋行記」という作品も作られているようで、きっと話の方はそちらに引き継がれているに違いない。そうじゃないと何もかも中途半端すぎる。(^^;

課長(小林桂樹・三木のり平)が思いのほか老けていて、部長(加東大介)と年齢差ないように見えちゃったのもちょっとアレだったかな。

"THREE GENTLEMEN from TOKYO"
監督/杉江敏男
脚本/笠原良三
1962年・日本/91分/カラー
出演/森繁久彌、小林桂樹、加東大介、フランキー堺
私の評価(5点満点):☆☆

|

« センバツ! | トップページ | 大宮エリー「生きているということ」展@PARCO MUSEUM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16227/56632477

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「社長洋行記」 :

« センバツ! | トップページ | 大宮エリー「生きているということ」展@PARCO MUSEUM »