« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013.03.31

[JFL]横河武蔵野FC−MIOびわこ滋賀@夢の島

横河武蔵野FC 2-0(1-0,1-0) MIOびわこ滋賀

得点:瀬田2

両チームともシュートまで行けずにさえない展開かと思ったんだけど、前半13分に遠藤の右CKから瀬田が合わせたヘッドが止められたかと思ったら針に糸を通すような感じでニアに決まっていて先制。

今期から3バックの横河武蔵野はプレッシャーをかけて奪ったボールを速く前線に展開するという展開。MIOも同じような感じではあったけど、MIOの方が前線での組み立て感というかサイドへの意識とかはあったのかなという印象ではあった。まあ、両チームともなかなかフィニッシュに持ち込めないのは一緒だったけど。

後半に入って右CKからの二次攻撃で冨岡からのクロスを前線に残っていた瀬田がヘッドで決めて2点目。後半は前線でのつなぎみたいなものも見られるようになってきたのかな。終盤にMIOの猛攻があったりしたけど、そのあたりはきっちりしのいで勝利。アウェイで2試合連敗だったけど、開幕戦に続くホームゲームでは連勝ということになるのか。

公式記録(JFL公式)

瀬田の2点目(たまたま撮れた)

監督&ヒーローインタビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.29

西武−日本ハム

日本ハム 002002001=5
西武   110001000=3

西武:●岸、岡本篤、長田、サファテ
日本ハム:武田勝、○矢貫、鍵谷、石井、増井、S武田久

開幕戦。前半は主に文化放送ライオンズナイターで聴いていた。地下鉄車内も携帯圏内になって、移動中でもradikoで聴けるようになったのは大きいです。

武田勝が1回裏にいきなり失点(4球での失点だったのかな)、2回裏にも失点してどうなることかと思ったけど、3回表に西川のタイムリーで追いついたらしい。4回表にセブンイレブンで豆大福を買っている間に武田勝が足を傷めて交代、緊急登板の矢貫がどうなるかと思ったけど、とりあえずは2回1/3を自責点1でなんとかなったみたい。

家帰ってきてテレビで見たんだけど、今日は地上波(テレ玉)、BS(BS朝日)、CS(朝日ニュースレター)と全てで放送が見られる日だった。6回表に大引の技ありタイムリーと大谷のライト前タイムリーで2得点。直後の6回裏に1点差に詰め寄られるが、9回表の中田翔のタイムリーが大きかったですね。

ヒーローインタビューは早速の大谷だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.28

「Smile Japan」

女子代表チーム愛称「Smile Japan」発表(日本アイスホッケー連盟)

スマイルジャパン

このロゴけっこう好きかもです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.27

三遊亭美るくのお勉強会@落語協会2階

美るくの会

三遊亭美るく「転失気」
三遊亭ございまう「言うな!」
三遊亭美るく「代書屋」

会社帰りに行ってきた。木戸銭千円。お客さんは13人くらいだったかな。

ございますさんはワールドカップ予選の様子が気になるサラリーマンについての噺。昨日の夜の試合と微妙に被るわけで、その辺りはございますさんの思うつぼっぽい。(^^; あらかじめ伏線を張っておいてそこに落とすという、わりと好きなサゲ方だった。

美るくさんは右側がちょっとハネてる髪型だった。「代書屋」はネタおろしだったらしいです。とは言っても今日の噺二題は最近の落語会的には鉄板的なネタだったと思うので、ちょっと疲れていた私にとってはもう少し刺激のあるネタを混ぜてくれてもよかったかなという気もしたです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.25

[センバツ]早稲田実業−龍谷大平安

平安 100010000=2
早実 00000040X=4

早実:二山、○立川、戸谷
平安:●福岡

テレビで見ていた。先発の左腕・二山の制球(どちらかというと野手顔?(^^;)が定まらなくて、初回にいきなり失点。5回にもタイムリーを打たれて追加点を奪われる。

一方打線の方は時々四球で出塁はするんだけど、全然チャンスがなくて、気がついたら6回まで平安の左腕・福岡の前にノーヒットだった。試合記録を見たら6回の裏は3連続三振だったし。

7回表を二番手の左腕・立川がきっちり抑えて流れが来たみたい。3番兼城の四球を皮切りに4番熊田が初ヒット。続く織原がタイムリーツーベースで1点を返して、その後、全く打てそうになかった利光はやはり打てなかったんだけどなんと三振振り逃げで追いついた。投手立川に代えての代打松本(左対左だったですね)が四球で歩いて、1番山岡の2点タイムリーで勝ち越し。

8回・9回は3番手のやはり左腕の戸谷が抑えて見事勝利ということでよしよし。

試合動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.24

第33回東京都女子サッカー大会(春季大会)@大妻女子大学

唐木田の大妻女子大の多摩キャンパスで東京都女子サッカー大会の予選リーグを3試合見て来ました。25分×2本の短時間決戦です。

桜

◇Aブロック 11時16分
吉祥女子中学高等学校サッカークラブ 0-1(0-1,0-0) 早稲田大学ア式蹴球部女子

<得点>
前半20分 0-1 [早稲田]23大島瑞

立ち上がりからア女が圧倒してものおびただしい回数の仕掛けを見せたんだけど、最後がなかなか決められず。吉祥もうまくゴール前を固めていたんだけど、前半20分の左CK、松川のボールを高木がつないでやっと決まった。後半も攻め続けてはいたんだけど追加点は奪えず、最少得点差での逃げ切りとなった。


◇Fブロック 12時半
インターセプト 0-3(0-2,0-1) 吉祥女子サッカーOGクラブ

桜の写真を撮りながら見ていたりしてそれほどちゃんとは見てないんですけど、それなりに実力の均衡が取れていた試合だったと思う。吉祥女子OGが前半6分、20分、後半20分と着実にスコア決めての勝利でした。


◇Aブロック 13時46分
早稲田大学ア式蹴球部女子 5-2(0-1,5-1) 小平SC

<得点>
前半19分 0-1 [小平SC]11
後半2分 1-1 [早稲田]11-川原
後半10分 1-2 [小平SC]8
後半17分 2-2 [早稲田]8-福沢
後半20分 3-2 [早稲田]11-川原
後半24分 4-2 [早稲田]21-内山
後半25+2分 5-2 [早稲田]11-川原

この試合も立ち上がりから早稲田が圧倒するも、やはり最後が決まらないというパターンの繰り返し。小平SCは13分に微妙な距離のFKがあったくらいだったと思うんだけど、19分に縦パスで裏に抜け出ての一対一を決めて小平SCが先制。小平SCリードでの折り返し。

後半立ち上がりすぐに早稲田が追いついたんだけど(ちょっとよそ見してました。だって桜がきれいなんだもん。(^^;→(2013.3.27追記)川原のゴールだったようです。上記得点にも追記しました。)、後半10分に小平SCにFKから素早くゴール前に抜け出られて再度勝ち越された。ちょっと焦ったのか小平SCのリスタートの時に安部が距離不足で警告もらっちゃったりしていた。

それでも17分に内山のクロスボールを福沢が決めて再度同点に追いつく。続く20分には川原が個人技でゴールを突き刺して勝ち越し。24分には内山が切り込んで自ら放ったシュートを決めて突き放す。ロスタイムには大島茉のクロスを川原がループで決めてダメ押し点。ア女は終盤になってやっとたような感じでした。試合時間内に間に合ってよかった。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[なでしこリーグ]日テレ・ベレーザ-吉備国際大学@味スタ西

日テレ・ベレーザ 2-0(1-0,1-0) 吉備国際大学Charme

<得点>
37分 1-0 木龍
48分 2-0 中里

ベレーザ後援会が無くなっちゃったので、代わりといっちゃなんなのだがちょっと高いけどシーズンシート(S席一般13,000円)を購入した。現場で申しこめば送料なしで済むのかと思ったら、パスポートやその他特典は送付だそうで別途送料500円はかかっちゃうのね。入場時にタオルマフラーがもらえた。あと、試合前のサイン会でカツオ選手と阪口選手にサインをもらった。

ベレーザは寺さんが監督になったので、限りなくメニーナっぽい。試合前の円陣でエビ反ちゃうとメニーナになってしまいますね。開始1分に長谷川、2分に籾木、3分に原ちゃんと立て続けにチャンスを作るが決められない。そのままベレーザがチャンスを作り続けるが外し続ける。悪くはなかったと思うんだけどな、フィニッシュ以外は。その後だんだんとダレてきちゃったのか、33分には寺さんが「原!お前だお前!」と一喝。寺さん節に拍手しちゃったよ。(笑)

前半37分に籾木→田中とつないで、最後は木龍ちゃんが決めてやっと先制。

ハーフタイムに原→中里に交代。これが当たったようで、後半3分に木龍のクロスを籾木がシュートしたところを吉備がクリアミスになって、これを中里が決めた。

その後も押しこみ続けてはいたんだけど決めきれず。ベレーザからしてみれば、スコア的にもっと圧倒して得失点差を稼がなくてはいけないゲームだったような気がしたけどな。特に籾木のフィニッシュがヒットしなかったなぁ。

試合後に吉備国際がベレーザ側スタンドにも挨拶に行っていたのが新鮮だったのと、寺さんがにこやかで鬼軍曹じゃなかった(^^;のが印象的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.22

[練習試合]早稲田大学ア式女子−順天堂大学@東伏見

早稲田大学ア式女子 8-0(2-0,2-0,4-0) 順天堂大学女子蹴球部

<得点>
1本目5分 1-0 瀬口
1本目14分 2-0 川原
2本目34分 3-0 渡井(直接FK)
2本目38分 4-0 正野
3本目4分 5-0 福沢
3本目16分 6-0 大宮
3本目26分 7-0 正野
3本目33分 8-0 川原

早めに出たら、西武新宿線の人身事故で遅れて12時過ぎにグラウンド到着。12時33分キックオフで40分+40分+35分だった。

開始5分に左に流れた松川からのクロスをゴール前でGKと競り合った瀬口のヘッドが勝って先制。14分には高木からのパスを受けた川原が押し込んで追加点。中盤アンカーの高木が視野の広いプレーで女子版シャビ・アロンソになることを期待。

25分過ぎから順大のセットプレーが続く時間帯もあったけど、基本的に主導権は早稲田。瀬口がシュートに持ち込むまでは完璧で、あとは決めるだけなんだけどな(^^;ってのが何度かあったけど、まあそれはいつものことなので心配はしていないです。そのあたりは瀬口のポテンシャルに期待したい。

2本目はセンターバックの小野田を除いた10人が交代。失点の気配は無かったんだけど、攻撃面ではフィニッシュで渡井(トップ下でプレーしていた)が合わない場面が何度かあった。あれをきっちり決められると早稲田のルーニーになれるんだけど。残り時間が少なくなった34分に渡井の直接FK、38分に左サイドからゴール右に出たロングパスに20分から右ハーフで途中出場していた正野が決めた。

3本目は立ち上がりちょいバタバタして押し込まれたけど、4分に福沢がDF/GKをかわして、エンプティネットにゴール。10分には川原がかわしてかわして出したラストパスを大宮が外しちゃったりしていたけど、16分のは同じく川原からのパスを大宮が流しこんで決めて6-0。24分には千葉望のミドルがクロスバーを叩いたリバウンドを福沢が狙うがこれは上に外れちゃった。26分には福沢のパスを受けた正野のゴールで7点目。終了間際の33分には順大が攻め込んで前掛かりになっていたところからのカウンターで縦パスに抜け出した川原が決めて8点目。3本目は順大が気持ち前掛かりになっていたことが、ア女の得点増につながったのかなという感じもあったですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.18

季刊レポ vol.11

季刊レポ11号

昨日郵便受けに届いていた北尾トロさんが編集長の「季刊レポ」最新号。パッと見「ライター」という本なのかと思っちゃう表紙です。(笑)

というわけでライター特集なのでありますがなんともあけすけすぎ、ぶっちゃけすぎで大丈夫か?…みたいなところが妙に自分のツボにはまったです。面白すぎますっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.17

[PUMA CUP全日本フットサル決勝] フウガすみだ-名古屋オーシャンズ@代々木第一

フウガすみだ 4-4(2-2,1-1,1-1) 名古屋オーシャンズ
        PK戦 3-4

フウガすみだ-名古屋オーシャンズ

後半からすみだ側の応援席から見ていた。いちおう墨田区向島の産院生まれなもんでフウガ寄りということで。チームカラーエンジ色というのもいい。間もなくすみだが勝ち越しゴールを上げたんだけど、名古屋が追い付いて、その後も名古屋の猛攻が続いてすみだは防戦一方もまま延長戦に突入。

延長前半に名古屋が勝ち越しゴールを決めて、そのまま逃げ切るかと思った残り4秒ですみだが右CKから決めて追いつくという劇的なゲーム展開。名古屋は絶対王者というわりには詰めが甘かったという話もある。(^^;

PK戦は名古屋が制して初優勝だったらしい。フウガすみだもグッド・ルーザーだったと思う。

試合記録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.12

PUFFY×H.I.S.×大宮エリー

PUFFY×H.I.S.×大宮エリーがコラボ!

H.I.S.「自由な旅」TVCMに出演、CMソングに起用!New Singleリリースも決定!!(PUFFY公式)

大宮エリーさんがPUFFYの出演のH.I.S.のテレビCMと新曲「脱ディストピア」のPVの監督とのことで(PVは出演もしているとのこと)、もともと3人で韓国旅行に行ったりと妙に仲が良いらいいというのは知っていたけど、いきなり来たな〜。

PUFFYと大宮エリーさんは全く違うきっかけでそれぞれファンになったのですが、意外なところでクロスオーバーしたりするものなのでありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.10

「吉原芸術大サービス 線の上で踊る」

吉原芸術大サービス
http://yoshiwara-art-service.com/

うちの近所で美術作品の展示、パフォーマンスや伝統芸能のライブを開催するアートフェスティバルがあったので、夕方からライブを中心にちょっと見てみた。

《ライブ》
◇吉原神社 17:00〜
太田家元九郎(津軽三味線漫談)
岡本紋弥+杉浦千弥(新内、三味線)
狐神楽(狐舞)

◇花園公園 18:30〜
山川冬樹(美術家/ホーメイ歌手)

《展示》
高田冬彦(美術家)「偉い石プロジェクト」

元九郎さんはいつものネタだった。(^^; 新内の岡本紋弥って方の声の艶っぽさがいやーまじすごかった。顔は菅直人顔だったりしたけど。狐舞ひはすっかり見慣れてます。

山川冬樹という方の自家発電ライブも多分に前衛的な内容ではあったけど、途中「ヨイトマケの唄」をやったりもしていた。

「偉い石プロジェクト」はエンドレスの映像作品。結構うったえかけてくるような作品だったと思う。

もっとしっかり下調べしてちゃんと見ておけばよかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[JFL]横河武蔵野FC−藤枝MYFC@夢の島

横河武蔵野FC 2-0(0-0,2-0) 藤枝MYFC

前半

夢の島でのJFL開幕戦に行ってきた。暖かいけど強い風の中での試合。前半風上に立った横河武蔵野がどんどん前にボールを蹴り込んで押しこむ展開。藤枝はロングボールを蹴っても風で戻されちゃうのでグラウンダーのパス中心で繋ぐしかないような感じだった。ただしゴール前に近づくと逆にそれが良い方に効果しそうな場面が何度かあったりはしたけど。結局横河武蔵野は崩しきれずにハーフタイムになっちゃった。

試合開始時点では晴れていたんだけど、前半途中に北の方(アウェイ側ゴールの方)から空模様が茶色というか黄色というかそういう感じでなんかかなり怪しくなってきて、雨降るのかなと思ったらそうじゃなくて砂ぼこりっぽかった。なんでもほこりが巻き上がった「煙霧」なるものだったそうで、黄砂ではないそう。

煙霧で薄暗くなったハーフタイムあたりから風が冷たくなってきて上に羽織るもの持って行ったのは正解だったようだ。目薬を持って行くのを忘れたのは失敗だったけど。マスクをしていたにもかかわらず試合中にウエットティッシュで顔を拭いたらティッシュが茶色くなるし、黒い目ヤニが取れるし。(>_<) というわけで後半は目のゴロゴロ感と戦いながらの観戦。

後半

後半になっても横河武蔵野が結構押し込めるなと思ったら、後半は風向きが変わっていたようで、後半になっても再び横河武蔵野が風上に立つという不思議な展開。後半7分に冨岡が左サイドから浮かせたボールが決まって勝ち越し。10分にもゴール前に運んでつないで最後は小林が決めて追加点。その後GK飯塚の好セーブなんて場面がありつつも危なげなく逃げ切り。

試合後、いつものように横河武蔵野の選手達がサインをしていたら、藤枝MYFCの選手も出てきてサインをしていて、なんかいい人達っぽかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.09

練習試合@東伏見

東伏見に行って来ました。ちなみに今日はアイスホッケーではないよ。(笑)

◇10:02キックオフ(35分×2本)
早稲田大学ア式女子 1-2(0-2,1-0) スフィーダ世田谷

今までスフィーダ相手には常に互角以上の戦いが出来ていたはずなんだけど、今日はア女が始動から1週間かつ故障者が多くメンツがそろっていなかったことを考えてもなんだかさっぱりだった。早稲田の得点は後半25分のPKだけ。スフィーダは後半立ち上がりに組んでいた田中麻里菜(前半はFW)と新加入の臼井のセンターバックがかなり堅そうな印象。攻撃力のあるチームに守備的に対応するとき、あとは勝ち越した時の逃げ切りなんかには非常に有効なのではないかという気がします。

◇11:36キックオフ(35分×2本)
早稲田大学ア式女子 1-7(0-6,1-1) ベガルタ仙台レディース

千葉で合宿しているベガルタはバスが交通渋滞に巻き込まれたらしく、予定より遅れての到着だったらしい。ア女OGの小野が2ゴール、小山が1ゴール。その後もベガルタにやりたい放題やられちゃったっぽい。それでも後半はなんとか頑張れてたのかな。瀬口が川相の送りバントのような正確なヘッドで1点取った。

ア女はチーム状態が一定のレベルに達していないように思えるわけで、まあこれ以上悪くなることはないと思うけど。なんかせっかく東伏見に来ていただいた両チームに申しわけないような気もしちゃったです。

◇13:33キックオフ(45分×6本)
早稲田大学ア式蹴球部 10-13(2-3,2-2,0-1,0-2,3-2,3-3) 明治大学

実質は(45×2本)×3試合。立ち上がり10分間くらいは点の取り合いで激しくスコアが動いたんだけど、間もなく落ち着く。なんとなく明治の方が優勢でそれはスコアにも現れているかと。6本目にあと1点で総得点同点に追いつくところまで行ったんだけど突き放された。この試合、早稲田だけでも33人のプレーを見たことになるわけで、なんか頭の中身がオーバーフローしている。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.07

[オープン戦]日本ハム−巨人

巨人   100001000=2
日本ハム 000000000=0

日本ハム:●武田勝、鍵谷、河野、石井、増井
巨人:○高木京、江柄子、アコスタ、S一岡

2回裏途中からGAORAで見はじめた。実松の時の三塁走者・大田の走塁が謎だった。その後、HBC(途中から他局の歌謡曲が激しく混線してきた)→STVとラジオをハシゴして、終盤は再びGAORAで視聴。

武田勝が投げる時は打線が沈黙するというのは仕様だから仕方がない。(^^; とりあえずは打てなくてもこういう集中を切らさない日本ハムらしい粘り強い試合運びを続けることが出来ていれば、いい結果が見えてくるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.05

Queensrÿche『Operation: Mindcrime II』

B000E1ZBHMOperation: Mindcrime II
Queensryche
Rhino / Wea 2006-04-04

by G-Tools

2006年の発売当時はちょっとガッカリしたような記憶があるのだが、改めて聴き直してみたら悪くないアルバムだったようで、なんだか「あれっ?」って感じ。

1988年リリースの『Operation: Mindcrime』と比べるとコンセプト感というかストーリー的なつながりや流れといった部分がやや希薄なような気がしないでもないので、当時はそのあたりのことを過剰に期待してしまっていたのかな。

ちなみにセールス的には『Operation: Mindcrime』が全米50位で、こちらの『Operation: Mindcrime II』は全米14位だったみたいで、セールス的にはこっちの方が成功だったっぽいみたいでアルバムのインパクトとは裏腹なところがちょっと驚きだったりもする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.04

東京スカイツリー(五輪招致ライティング)

3/4~3/7は2020年オリンピック・パラリンピック招致ロゴの五色(赤、黄、緑、青、江戸紫)をモチーフとした特別ライティングとのことです。

ちなみにまだ登ったことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »