« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013.05.23

PUFFY・大宮エリートークショー&抽選会@タワーレコード新宿店

PUFFYニュー・シングル「脱ディストピア」発売記念イベント。この曲のプロモーションビデオの監督ということで大宮エリーさん。タワーレコードの新宿店ってのは行くの初めてだったので心配だったけど無事辿り着けた。集合時間よりちょっと前に着いて待ってたらエレベーターから猫背のエリーさんがいきなり降りてきて、誰にも気づかれていなかったっぽいのがエリーさんっぽかった。(^^;

中村貴子さん司会でPUFFY+大宮エリーという組み合わせで、それだけで勝手に盛り上がる感じで亜美由美のノリも良かった。楽しいトークショーでした!

そういえば新宿店のイベントスペースは渋谷店みたいに別室というわけではなくて、店頭の一角でのイベントで舞台のすぐ横でおじさんがCD試聴をしてたりしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.22

[ナビスコ]清水エスパルス−横浜F・マリノス

清水エスパルス 1-2(0-1,1-1) 横浜F・マリノス

スカパーでフジテレビONEは契約していないので見ららないかと思っていたら、なんかよくわからないけどこの番組だけは見れた。J1ライブを契約しているから?

立ち上がりからバレー(孤軍奮闘っぽかった)に押し込まれそうになりながらも、なんとかしのいで、前半終了間際の変に試合が動かないようなちょうどいい時間帯に兵藤パスに反応してゴール右に抜け出した学からのパスをマルキーニョスが蹴り込んで先制。

後半23分に奈良輪からの内野フライのようなクロスをゴール前で藤田がヘッドで流し込んで追加点。引き分け以上で決勝トーナメント出場が決まるマリノスにとっては大きな追加点だったと思う。直後に1失点は喫するものの、ヴェテランを休ませつつも最後は危なげなく逃げ切り。マリノスらしくきっちり引き分けてくるのかと思ったら勝っちゃいましたね。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.05.21

PUFFY「脱ディストピア」

B00BSXP48G脱ディストピア(初回生産限定盤)(DVD付)
PUFFY
キューンミュージック 2013-05-22

by G-Tools

明日発売。渋谷のタワレコでフラゲしてきて聴いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.20

第22回 ひぐらし寄席 隅田川馬石の会

第22回 ひぐらし寄席 隅田川馬石の会

<前座>柳亭市助「たらちね」
隅田川馬石「野ざらし」
橘家圓太郎「癇癪」
 <中入り>
隅田川馬石「お見立て」

入口でもらったチラシに次回のお知らせが入ってなくて、もしかして第22回の今日が最終回?と心配したてたら、開演前に主催者の森岡さんが出てきて、「ヤバイ」って思ったらただ単に次回はまだ会場がおさえられていなくて未定との説明だった。ほっ。

市助さんの「たらちね」は20分間フルバージョンっぽい感じ。逆に馬石さんの「野ざらし」は唐突に終わったような印象。(^^;

圓太郎師匠がかけた「癇癪」という噺は初めて聴いたけど、この旦那のキレキャラっぷりはきっとカンニング竹山が演じたらピッタリなんじゃないかと思いながら見ていた。

トリは馬石さんの女役ってのもなかなか艶があるよなと思いながらの「お見立て」だった。今日はちょっと早めの20時45分過ぎに終演。日高屋でW餃子定食を食べて帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.19

[練習試合]早稲田大学ア女−浦和レッズレディースユース

2013年5月19日 12時42分 早稲田大学東伏見サッカー場
※45分×1本

早稲田大学ア式蹴球部女子 1-0 浦和レッドダイヤモンズレディースユース

<得点>
24分 1-0 [早大]23-大島瑞稀

《早稲田》
    一原 杉森
  内山 工藤 リコ
     松川
堀川 小野田 大島瑞 堀口
     山田

<交代>
20分 堀口→田中
20分 松川→国分
20分 内山→高須

《浦和》
   長嶋 青木
 塩越     長野
   柳澤 木崎
山田 清家 三浦 久保
     清水

関東リーグに続いて行われた練習試合。45分1本勝負。このセットは昨日の続きっぽい雰囲気だったような気がしないでもない。20分の3人交代後は堀川がCBに入って国分が左SBで、がちゃ(大島瑞)が中盤のアンカーの位置に入った。24分の得点は高須の左CKをそのがちゃがヘッドで決めたもの。中盤からの攻撃参加がなかなかカッコ良かったのではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[関東女子サッカーリーグ]早稲田大学−浦和レッズレディースユース

第19回 関東女子サッカーリーグ
2013年5月19日 10時59分 早稲田大学東伏見サッカー場
※40分ハーフ

早稲田大学ア式蹴球部女子 3-0(1-0,2-0) 浦和レッドダイヤモンズレディースユース

<得点>
前半27分 1-0 [早大]5-権野貴子
前半38分 2-0 [早大]10-大宮玲央奈(PK)
後半5分 3-0 [早大]10-大宮玲央奈

《早稲田大学》
     瀬口 山本
  権野  大宮  高木
      渡井
大島茉 千葉梢 千葉望 石田
      三田

<交代>
後半0分 高木→川原
後半16分 権野→正野
後半17分 石田→堀口
後半24分 渡井→松川
後半31分 瀬口→内山

《浦和レッズLY》
     吉越
小嶋 塩越 今井 遠藤
     中村
村社  南  大戸 金勝
     清水

<交代>
後半9分 塩越→清家
後半31分 遠藤→青木
後半38分 吉越→長野

開始20秒。GKからボールを奪った瀬口が無人のゴールに落ち着いて流し込む…だけだったのだが、豪快にフカした。やるなあ。勝ったから良かったけど、負けてたらA級戦犯だった。(^^;

その後もア女がボールを支配し続けてはいたんだけど、ゴールを割るには至らず、つくづく立ち上がりのあれが惜しまれたわけで。(^^; 前半27分にア女が左CKのチャンス。渡井からのボールをゴール前で権野ヘッドのゴンゴールで先制。38分には大宮がペナ右で自ら得たPKを決めて追加点。

石田の突破から川原がつないでゴール右からの瀬口のシュートっぽいボールを大宮がねじ込んで3点目。その後もア女が圧倒して、間違って1失点くらいはあってもおかしくないけど、勝敗の行方を変えるようなスコア展開にはならないだろうなという感じで、まあ安心して見てはいられた。

終了間際の後半39分に松川のパスを受けた川原が粘って突破から内山が放ったシュートの跳ね返りを正野が放ったシュートが右ポストに阻まれちゃったのが決まっていれば、もっと後味よかったんだろうけど。内容的にはもっと得失点差にを稼げたような気もしたけど、基本的には負ける要素のあまりない危なげない勝利だったと思う。あと、浦和がここ数年で弱くなっちゃっているような気がするのは気のせいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.18

[練習試合]早稲田大学ア式女子−東京国際大学

2013年5月18日 10時44分 早稲田大学東伏見サッカー場
※45分ハーフ

早稲田大学ア式蹴球部女子 1-1(0-0,1-1) 東京国際大学女子サッカー部

<得点>
後半14分 0-1 [TIU]18(PK)
後半26分 1-1 [早大]11-川原奈央

《早稲田》
    瀬口 杉森
  内山 松川 正野
     福井
堀川 小野田 大島瑞 堀口
     山田

<交代>
前半33分 福井→工藤
後半0分 瀬口→一原
後半0分 杉森→川原
後半0分 堀口→田中
後半28分 山田→三田

《東京国際》
  18 24
 7 8 33
   5
18 30 22 32
   1

<交代>
後半0分 7→24
後半29分 18→14
後半40分 18,33→44,20

早稲田は控えメンバー主体とはいえ、東京国際大学相手にほとんど攻撃の形を作ることが出来ずなかなかシュートまで持ち込めずかなり不本意な出来だったのではないかと。東京国際大学が優勢な時間帯が続いていたように思う。

後半13分に東京国際大学のCKを小野田がペナ内で豪快にハンド。(^^; これを決められて先制されちゃう。26分に川原が突破からDFをかわしてゴールに流しこんで同点。個人技でもぎ取ったゴールだった。たぶん早稲田はCKが後半45分の1本だけだったので、それがこの試合の雰囲気を象徴しているのでは。

そういえば東京国際監督の大竹七未ちゃんがメガネ+マスク姿で大丈夫か?って感じだったのですが。(^^; あれは日焼け対策?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.17

[交流戦]DeNA−日本ハム

日本ハム 300000012=6
DeNA 200030000=5

DeNA:小杉、井納、加賀、大原、高崎、ソーサ、●山口
日本ハム:鍵谷、矢貫、宮西、石井、増井、○武田久

本塁打:中田(日)、中田(日)

tvkつけたら日ハムがリードしていたんだけど、見ている間に逆転されるという最近よくある展開。(^^; 5回裏の小谷野と中田翔のエラー(サードゴロ本塁暴投とレフトフライ行き過ぎちゃって捕球できず)はありえないエラーで、しみじみ9連敗中のチームなんだなと。(^^;

それでも2点ビハインドの8回表に中田のホームランで1点差。9回表(テレビ中継終わっちゃっててTBSラジオで聴いてた)には先頭打者の今浪が2塁打で出て山口の暴投で3塁に進んだところを陽岱鋼のタイムリーでかえして同点。決勝点は山口の暴投。2つの暴投に助けられた。9回裏はキクマリ見ててラジオ聴いてなかったんだけど、無事勝てたようだ。

とりあえずは連敗脱出。これで明日から100連勝だな。(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.05.13

今日は何の日?

PUFFY17周年だそうです!
おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.12

PUFFYファンクラブのイベントに行ってきた。

moggy利用済み

乃木坂で行われたPUFFYファンクラブ(デジタルアセス)のUstream配信イベント(第13回 デジタルアセス交流会「ARU-ARU 16」)の観覧に行ってきた。もっと大勢いるのかと思ったんだけど、整理番号80番台までだったみたいで、結構狭き門だったりしたみたい。moggyというスマホアプリを使って入場。

「Wi-Fiは会場にてご用意しております。端末によっては、繋がらない可能性もございます。」とのことで、持って行ったiPod touchは早速つながらなかった。(^^; まあEMOBILEののテザリングでなんとかなったので致命的ではなかったけど。

「配信中は、おしゃべりはしないでください。」「ツイッター上での交流のみとさせて頂きます。」とのことだったのでどうなるかと思ったんだけど、いきなり亜美ちゃんに読んでもらったりとまあなんとかなっていた。目の前にPUFFYがいるのに端末でソーシャルストリームを追ってるのはなんかもったいないようなというか不自然なような気もしたけど。時々配信が落ちてたのは致し方なしかな。

Ustream配信中に自分の発言がソーシャルストリームに反映されてないっぽくて、再起動したりいろいろいじっていたら、Ustreamのアプリからツイッターへの接続が出来なくなって、ちょっと焦った。よくわからないけどいったんログアウトして入りなおしていたりしたら直った。

Ustreamイベントのトークはちょっとグダグダで終わっちゃったような印象だったんだけど、その後のじゃんけん大会と記念撮影はファンとのまさにリアルな交流会になっていてとても楽しかった。行けなかった方には申し訳ないのですが、Ustream終了後にいきなり面白くなったような感じだった。

第13回 デジタルアセス交流会「ARU-ARU 16」観覧イベント

退場時にPUFFYからのハートフルなプレゼントをいただけるということでそれほど期待はしていなかったのだが、PUFFYから参加者全員各個人あてのメッセージカードで、しまも全部内容が違うらしい。PUFFYが自分の名前を書いてくれるってだけでうれしいわけで、そういうファン心理をうまく突いていたようなところがGJ。

moggy本日はご来場ありがとうございました!

終演後にmoggyを見ると、どういう仕組みかはよくわないけど、画面がイラストに変わっていた。集合写真もすぐ届いたし、細かい所の工夫と気配りが感じられるイベントだった。まあ結局Wi-Fiはつながらなかったりはしたけど。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[東京都女子サッカー大会決勝]早稲田大学−スフィーダ世田谷ユース

第33回東京都女子サッカー大会・決勝戦
2013年5月12日 10時 自治大学校グラウンド
※30分×2

早稲田大学ア式蹴球部女子 4-0(1-0,3-0) スフィーダ世田谷ユース

<得点>
前半22分 1-0 [早大]14-小野田莉子(直接FK)
後半2分 2-0 [早大]21-内山穂南
後半22分 3-0 [早大]12-堀口佳織
後半24分 4-0 [早大]17-松川智

《早稲田大学》
  一原 杉森
内山  工藤  堀口
  高須 松川
大島瑞 小野田 国分
    山田

<交代>
後半0分 国分→福井

《スフィーダ》
  40 44
 73   46
  18 60
49 70 51 76
   56

<交代>
後半12分 44→74
後半20分 49→17
後半25分 76→58

早稲田大学ア式蹴球部女子優勝

開始直後からスフィーダがものすごい勢いで攻め込んできていて、ゴール前で再三の決定機を作っていたんだけど、ア女はGK山田が「世界の山田」状態でこの時間帯を無失点にしのいだのが大きかったと思う。

ア女は15分過ぎになってやっと攻撃を作れるようになってきて、22分にセンターライン付近(自陣だったみたいだ)からのFK。これをこの試合キャプテンマークを着けていた小野田がゴール右上に突き刺して先制。内角高め(?)に上手くコントロールされた見事なゴールだった。

後半立ち上がりには右に流れた杉森→松川とへなへなっぽかったけど繋がったボールをゴール左から内山が押し込んで追加点。あまりキレイじゃなかったけど大きなゴールだった。その後何度かスフィーダに決定的なチャンスを作られたもののなんとか切り抜けて、10分過ぎには再びア女がペースをつかむようになる。22分には松川のパスに反応して抜け出した堀口がGKとの一対一を決めて3点目。24分には内山が粘りながらの突破から杉森がつないで最後は松川がミドルで4点目を決めて試合を決定づけた。ア女が優勝。

この優勝でア女は2009年、2010年、2012年、2013年(2011年は震災のため大会なし)と大会4連覇となったようです。最優秀選手は小野田で異議なしの選出だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.09

にわかJリーグファン

Jリーグ開幕戦抽選漏れはがき

こういう企画があったのであるかなと思って探してみたらあった。

にわかJリーグファン歴がいつの間にやら21シーズン目に突入していたようです。

ちなみに5月15日は当然ながら国立ではなくニッパツに行く予定!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.08

本谷有希子が結婚

「妄想日記」に本谷有希子からのご報告を更新しました!(劇団、本谷有希子)

ちょっとびっくりだった。

結婚しても作風まるくなったりせずに、とても共感ができないような性格の登場人物を引き続き生み出していってほしいです。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.07

生梅『生梅の旅』

B008M76O4Y生梅の旅
生梅
インディーズ・メーカー 2012-09-02

by G-Tools

生梅というのはイーリアンパイプス&ホイッスルの中原直生(なおみ)さんと34弦ハープの梅田千晶の女性二人組のユニットだそうで、WOWOWで見たチーフタンズのライブにゲスト出演していた和製のLADY Chieftainsというのをきっかけに知って(この二人もメンバーだった)、このCDを入手してみた。

「荒城の月」なども演奏しているんだけど、基本的には本格的なアイルランド伝統音楽でこれがかなり良い。ライブはまだ映像でしか見たことがないので、タイミングが合ったらぜひ見に行きたいと思っています。

それにしても日本国内にも日本人がやっているインド音楽とかブラジル音楽とかケルト音楽といったワールドミュージックシーンとかあるのを知るようになった昨今。インターネットがないと知り得なかった世界だったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.05

[練習試合]早稲田大学ア式女子−Forza‘02@東伏見

早稲田大学ア式女子 4-0(2-0,2-0) Forza‘02

得点:権野(前半4分,前半23分)、松川(後半20分)、一原(後半40分)

《ア女・前半》
    福沢 山本
   権野 大宮 高木
      渡井
大島茉 千葉梢 千葉望 石田
      三田

《ア女・後半》
    福沢 杉森
   内山 山本 高木
      渡井
大島茉 小野田 大島瑞 石田
      山田

<交代>
後半17分 高木→正野
後半19分 山本→松川
後半22分 福沢→一原
後半34分 渡井→リコ

《Forza》
  12 15
 7 44 11
   30
37 35 16 42
   21

<交代>
後半0分 42→3
後半26分 7→47
後半35分 12→40

13時32分開始で40分ハーフ。

立ち上がりからア女がわりと押し込んでいるなと思ったら、4分にゴール左で山本と権野がヘッドでつないで先制。体格的にもア女の方がちょっと大きいのかなという印象だったので、Forzaは若手(?)主体だったのかもしれない。その後もア女が結構いい感じで攻撃を組み立てていて、前半23分に千葉望からのロングパスに大宮が抜け出して、そこからつないで最後は再び山本→権野のラインで追加点。

メンバーを大きく入れ替えた後半立ち上がりは守勢に回ることが多くなって、守備練習っぽい流れだなと思って見ていたんだけど、10分過ぎくらいから再びア女が主導権を握り始めたのかな。後半20分に右サイドの石田のグラウンダーのクロスを松川が点で合わせて3点目。後半40分にはリコの右サイド突破からのクロスを一原が決めて4-0。ア女はいい感じ、Forzaはもっと前線からの守備とか頑張れたんじゃないかという印象だったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.04

[なでしこリーグ]日テレ・ベレーザ−ジェフレディース@多摩陸

日テレ・ベレーザ 2-0(0-0,2-0) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

立ち上がりはベレーザだったと思うんだけど、20分過ぎくらいからジェフレディースの攻撃が躍動するようになっていて、ベレーザはGK曽山(今日も手は冷たかったのかな(^^;)の好セーブに救われたような。ベレーザは押し込まれ気味になって、あまり攻めが作れていないような感じになった。あとこの時間帯は須藤が何度か当たり負けしていたのが珍しかったような気がした。

ベレーザはハーフタイムに修正(選手交代があったし、もしかしたら寺さんの電気ショック?(^^;も入ってたかも)が入ったのか後半に入ってからはベレーザが圧倒するようになったんだけど、なかなか押し込み切れず。なんか木龍ちゃんはクロスが中地なみに雑だし(^^;、田中も決定力を高めてほしいなと思いながら見ていた。ジェフは完全にペースダウンで試合記録を見ると前半12本が後半は柳井の1本(58分にFKのこぼれをゴール右から打ったものだと思う)になっちゃってたようで。

終盤は完全にベレーザが押し込んでいて、36分に岩清水のフィードに抜け出した田中がやっと決めて先制。40分に原から出たパスをゴール前で受けた田中がGKとの一対一を決めるかと思ったらゴール右にパス、これを籾木が決めて追加点。見事なゴールだったような。ロスタイムにも籾木が奪って田中ループって場面があったけど、あれ決まってると超カッコ良かったんだけどな。

サイン会で隅田凜ちゃんとイワシにサインをもらって帰ってきた。五輪銀メダリストに顔を覚えてもらっているっぽいのはとても光栄であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.03

[J1]横浜F・マリノス−鹿島アントラーズ@日産スタジアム

横浜F・マリノス 1-1(0-0,1-1) 鹿島アントラーズ

15時半キックオフ。カラダファクトリーで整体を受けて、ワルノス&ワルノスクイーンパフォーマンスを見て、トリコロールワンで兵藤のアウェイTシャツを買って(まだ着なかったけど)、あといただいた鹿の肉を食べて試合に臨んだ。

鹿島はダヴィが結構チャンスで外してくれていて助かったような。マリノスは中町がポストや曽ヶ端とタイミング合っちゃってたようで結構惜しかったな。

73分に小笠原の左からのFKのこぼれをファーでフリーだった野澤に決められて鹿島が勝ち越し。マリノスは後半ロスタイム5分にヘッドでつなぎ倒して最後はファビオが決めて同点に追いついた。最後の最後で追いついてのドローということで前節とは配役が逆になったようです。

好天ということもあって観客4万人超だったんだけど、スコア展開はさておき、内容的にはどうだったのかしらねという感じの試合だったような。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.05.01

楽天−日本ハム

日本ハム 100000000=1
楽天   00010300X=4

楽天:○田中、S青山
日本ハム:●吉川、中村

日テレプラスとHBCラジオでチェックしていた。見てなかったんだけど初回って谷口、小谷野、中田、アブレイユの4連打だったのですね。

6回裏に内野守備が足を引っ張って台無しにしちゃったようだ。

ただし8回裏にはライト谷口が見事なレーザービームを見せてくれたけど。日本ハムの外野陣はもれなく送球がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »